FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
乾式浮床仕上げ工法 システムが グッドデザイン賞 受賞
乾式浮床仕上げ工法 システムが グッドデザイン賞 受賞

PF写真


総合防水材メーカーである日新工業株式会社の 乾式浮床仕上げ工法 PF システムが、 2018 年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デ ザイン振興会)を受賞した。
このシステムは『屋上に施工した防水層を損傷させずに直接 設置が可能な二重床システム』で、スタンド(束)の設置 はビスを使用しない設置方法を選択できるので、防水層に穴 をあけず直接施工が可能。その結果、スタンドの固定に必要な保護コンクリートの打設が必要なくなり、屋根荷重を 軽減しながら、屋上を自由にデザインすることが容易となる。

PF.png

同社によれば、「PF システムは建物の屋根面に対して、荷重・防水性能に配慮して、『都 市空間をもっと楽しく、且つ機能的に使用したい』ことを目的にデザイン化し、20年近い実績を有す るこのシステムが改めて評価された」、また審査員からは: 『雨が多い日本では、屋上の防水と、水を流すための勾配が重要であり、美しい屋上をつくることが実 はなかなか難しい。さらには屋上を使うためには、防水の保護のためにコンクリートの床(押さえコン クリート)を打設することになるが、屋上防水の要である防水層を隠ぺいしてしまい、メンテナンスを 難しくするという矛盾をはらんでいる。 このシステムは、防水層の上に、水平で取り外し可能な浮き床 をつくるモノで、上記の欠点を一気に解決できるシステムである。実績のあるシステムでもあり、定番 のデザインとして評価したい。 』との評価を得たという。

本年10月31 日(水)から 5 日間にわたり、東京・六本木のミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる 受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」http://www.g-mark.org/gde2018/  において、PF システムが特別展示で紹介される。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
文化庁・「選定保存技術」認定書交付式で認定書を授与
選定保存技術「茅採取」の保存団体として認定
宮田文化庁長官から認定書

認定書 
写真提供:日本茅葺き文化協会(下も)

平成30年9月26日、平成30年度重要無形文化財保持者及び選定保存技術保持者・保存団体認定書交付式が、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京で 行われ、一社・日本茅葺き文化協会(安藤邦廣代表理事、写真右)は、宮田亮平文化庁長官(中央)から認定書を授与された。

安藤邦廣代表理事コメント:
このたび、文化財の保存のために欠くことのできない伝統的な技術、技能であり、保存の措置を講ずる必要のある「選定保存技術」として、檜皮採取、屋根板製作とともに、「茅採取」が選定されました。
茅場制度の消滅に伴い、担い手不足の問題がある現状において、地域の地勢や植物に関する知識、慣習の蓄積によって支えられてきた、茅の育成、茅場の管理も含め、茅採取の技術は、保存の措置を講ずる必要があるとして選定されたものです。
また、「茅採取」が選定保存技術に選定されるにあたり、当協会が、これまで、地域色を尊重し、ふるさと文化財の森での茅刈り、加工の研修、記録作成などの事業に継続的に取り組んできた実績が評価され、選定保存技術の保存団体に認定されることになりました。
これも各地域の会員の皆さんをはじめ多くの方が共に取り組んできたこれまでの実績が評価されたものとして、大変喜ばしいことと思っております。

交付式(写真提供茅文協)





参考
ルーフネット記事 「茅採取」が文化庁の選定保存技術に選定(2018/08/15(水) 08:59:08|屋根|() 

http://www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E3%80%8C%E8%8C%85%E6%8E%A1%E5%8F%96%E3%80%8D%E3%81%8C%E6%96%87%E5%8C%96%E5%BA%81%E3%81%AE%E9%81%B8%E5%AE%9A%E4%BF%9D%E5%AD%98%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E9%81%B8%E5%AE%9A&word=%E9%81%B8%E5%AE%9A%E4%BF%9D%E5%AD%98%E6%8A%80%E8%A1%93



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
金の成る木
金のなる木の根幹は「しょうじ木」
東照神君の木
遺品を整理していたら、掛け軸の入った箱が出てきた。金目のものは全くないが、金の成る木のボロ軸があった。東照神君(徳川家康)の金のなる木だ。幹は下から、「しょうじき」、「じひふかき」、「よろずほどよき」。左右に4対の枝。金の成る木は、11の「き」 で構成されている。長い間眺めていると、なんとなく見えてきて九つまでは読めた。そこでウィキ博士に尋ねるとすぐに分かった。幹は家康、枝は傍に控えていた細川幽斎の昨だそうな。右の枝には、「あさお木」、「いさぎよ木」、「しんぼうつよ木」、「ゆだんな木」。左の枝には「かせ木」、「ついえな木」、「養生よ木」、「かないむつまじ木」。なるほど。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

ルーファの性(さが)
防水に係る人間の性

P9050006_201810080858401cf.jpg
小さなバルコニーでもつい

P9050008_20181008085838737.jpg
ドレンが気になったり

性(研究者編)P9050004
立ち上がりがあれば、つい見てしまい「あ、口が開いている」。 いずれも仙台の建築学会大会会場で撮影。メーカー、工事店、研究者の姿。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

RNY416  「施工と管理」 銅屋根クロニクル57 近江神宮(1)
昭和の勅祭社は「かるたの聖地」
近江神宮(滋賀県)

toppu


P8300206.jpg


日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

57 DSC07379


「施工と管理」銅屋根クロニクル-57 -近江神宮(滋賀県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№362、2018年9月号より

Y800 57-2 (2)

Y800 57-2 (1)





マンション防災・大規模修繕で基礎セミナー
10月27日(土) 埼玉県・川口総合文化センター・リリアホールで
講師は埼玉マンション管理士会、匠リ協

takumi.png


個別相談、意見交換も。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
空飛ぶクルマ”の実現に向け、官民でロードマップ作成
第2回「空の移動革命に向けた官民協議会」を開催
~“空飛ぶクルマ”の実現に向け、官民共同でロードマップを作成~

空飛ぶクルマ
構想・研究開発が進められている「空飛ぶクルマ」の一例


都市の渋滞を避けた通勤、通学、離島や山間部での新しい移動手段、災害時の救急搬送や迅速な物資輸送などの新しいあり方をイメージして、様々な分野の関係者が、「空飛ぶクルマ」の研究開発を始めている。
国土交通省は、平成30年10月2日、経済産業省と合同で、日本における“空飛ぶクルマ”の実現に向けて、官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」の第2回会合を開催する。

モビリティ分野における変革(国交省)
モビリティ分野における変革のイメージ(国交省)


空の移動革命に向けた官民協議会構成員
soratobu_20180930232947b0d.png

空の移動革命に向けた官民協議会によると △△△

現在、人や物の移動において、航空機は長距離の輸送に多く使われているが、もっと身近で手軽な移動手段として、空の利用にはまだまだ大きな可能性が広がっている。ドローンによる離島・山間部での物流サービスが始まろうとしているところであるが、将
来的に、短中距離を自動で飛行して、安全かつ安価に人や物を移動させられる機体やサービスが実現すれば、例えば、都市部での移動にかかる時間の短縮、離島や山間部での移動の利便性の向上、災害時の救急搬送や物資輸送の迅速化など、新しいサービスの展開や各地での課題の解決につながることが期待される。

このような空の移動を可能とするいわゆる“空飛ぶクルマ”の実現に向けて、世界的にも関心の高まりがみられ取組が進められる中、日本においても人や物の移動の迅速性と利便性を向上させるとともに、新たな産業を育成し、世界の市場で稼げるようにする
ため、官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」(以下「協議会」という。)を設立し、今後、日本として取り組んでいくべき技術開発や制度整備等について協議する。

△△△

-----

調査・診断、インフラメンテの分野で、ドローンは手段でしかない。しかしその重要度は間違いなく高まってゆく。 「空飛ぶクルマ」は飛行機とドローンの間に位置づけられる。これを調査・診断に使うドローンと比較すると、無人探査機と有人探査機のの違い、という事になる。さて、この車どう使うか。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です