(旧 「防水屋台村」建設中)
縄文の家と笹の屋根
笹で縄文の屋根を葺く
2月18日(日) 10時~12時 相模原・勝坂遺跡

相模原縄文

京都の熱い茅葺職人塩澤 実が笹葺き屋根を修理しながら、その魅力を語る。


勝坂遺跡活用実行委員会より   
勝坂を学ぼう!「縄文の家と笹の屋根」~差笹を体験しよう~

今回は講師に伝統技術である笹葺技能をお持ちの職人さんを京都からお招きして、その魅力についてのお話と、屋根材の笹を手に取って、縄文の家作りの一部〈差笹(サシザサ)〉を体験します。

日にち:平成30年2月18日(日曜日)
時間:午前10時~正午
定員:30名(申込み先着順)
参加費:無料
申込み方法:1月15日(月曜日)~2月15日(木曜日)に問い合わせ先へ電話

企画:勝坂遺跡活用実行委員会

会場:史跡勝坂遺跡公園 管理棟(南区磯部1822)
アクセス:JR相模線下溝駅からバス「上磯部入口」下車徒歩5分または下溝駅から徒歩20分
問い合わせ先:文化財保護課 電話042-769-8371




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
世界茅葺き会議2017イギリス
茅葺きオリンピック2017 「女子遠投」で大野 沙織さんが優勝

英国茅葺協会機関誌A1210050
英国茅葺き協会の機関誌「theThatcher's Standard」のNo.40 2017年秋号に 昨年イギリスで開催された、 世界茅葺会議2017イギリスの様子が紹介されている。

国際茅葺き協会が主催するITS(International Thatching Society) Conference2017 UK
が2017年 9月22日~9月26日 ·New ForestのSandy Balls Holiday Villageを会場に5日間の日程で開催され、7カ国から約90名が参加した。国際茅葺き協会の加盟国はイギリス、オランダ、ドイツ、スウェーデン、南アフリカ、デンマーク、日本の7か国で、フランスが入会予定である。

茅葺オリンピック遠投部門
茅葺オリンピック遠投部門。(写真提供:日本茅葺き文化協会)。 日本から参加した相良育弥さんが2位に、女子遠投部門では大野 沙織さんが優勝した。

JTCA(社)日本茅葺き文化協会によると、2017年世界茅葺き会議では、①葺き替え現場見学&sparづくり&棟仕舞ワークショップ
②各国から現状と課題の発表 ●イギリスから材料生産者の発表と顕微鏡でみる茅葺き材料の発表、●ドイツのGreef教授とオランダの茅葺き協会とのヨシの品質に関する共同研究発表。③茅葺きオリンピック(輪くぐり部門、遠投部門)。④Hall & Woodhouse Brewery見学、などが行われた。
次回2019年大会は日本で開催される。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
クラックマニア①
クラックマニア①
kurakku mania
ひび割れ crack 物体に外力を加えたとき、可能な変形量を超えたときや物体に生じた内部応力が物体の強度を超えたときに発生する比較的小さな割れ目。(建築学会・建築学用語辞典)。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
鶴川絵日記 
鶴川絵日記20180209
新型炉魔訶P1000541
 ロマンスカー新型車両試運転。新百合ヶ丘駅。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて

RNY382 防水の博士たち⑳  本橋健司博士その1
本橋健司 芝浦工業大学教授の学位論文

本橋博士 

 本橋健司 芝浦工業大学教授の学位論文
①タイトル「ポリ酢酸ビニルエマルジョン接着材の木材に対する接着性能」
授与大学:東京大学
授与年月日:昭和56年3月30日。農学博士
②タイトル:「高耐久性樹脂塗料を利用した塗装仕様の耐久性評価に関する研究」
授与大学:宇都宮大学
授与年月日:平成13年3月23日。工学博士



ルーフネットではこれまで、防水に関する研究で博士号を授与された人、防水に深くかかわった方、また本人の意識とはかかわりなく防水業界に対して強い影響力を持った方々の学位論文を、2013年より掲載しています。防水研究の草分けである、まずは狩野、波多野、小池、田中の各氏。そして学者経営者の田島栄一氏。防水にこだわった元建築学会会長吉田享二先生などです。
第1回は波多野一郎氏で、これまで19人の学位論文を紹介しています。
http://www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%9F%E3%81%A1&word=%E6%B3%A2%E5%A4%9A%E9%87%8E#o86cf518 

学位論文
例えば、防水の研究でなくても、以下の方々の学位論文を紹介しています。

吉田享二
タイトル:「建築物ノ耐久性ニ関スル研究」
授与大学:早稲田大学
授与年月日:昭和7年7月13日。工学博士

狩野春一
タイトル:「モルタル及コンクリト滲透透過、膨張収縮及引張の諸性質に関する研究」
授与大学:東京工業大学
授与年月日:昭和18年2月15日。工学博士

今泉勝吉
タイトル「建築内装工事における接着工法に関する研究」
授与大学:東京大学
授与年月日:昭和42年1月19日。工学博士

大島久治
タイトル「特殊骨材を用いるコンクリトの使用に関する研究」
授与大学:東京工業大
授与年月日:昭和33年6月21日。工学博士

白山和久
タイトル「軽量コンクリトの強度及び調合方法に関する研究」
授与大学:東京大学
授与年月日:昭和33年7月12日。工学博士

岸谷孝一
タイトル「鉄筋コンクリト造建物の耐久性向上に関する研究」
授与大学:東京大学
授与年月日:昭和36年1月19日。工学博士

上村克郎
タイトル「軽量コンクリト構造に関する基礎的研究」
授与大学:東京大学
授与年月日:昭和36年5月18日。工学博士

西忠雄
タイトル「北海道産軽石骨材による軽量コンクリトの研究」
授与大学:北海道大学
授与年月日:昭和37年2月2日。工学博士



「博士」って何だ?「修士」って?という記者のような人はこちらを
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E5%A3%AB#.E5.8D.9A.E5.A3.AB.E3.81.AE.E8.82.A9.E6.9B.B8.E3.81.8D
「博士号を取りたいけどどうりゃいいの」?という人には
研究者にとって、博士号は「足の裏の飯粒」と言われる。「取らないと気持ち悪いが取っても食えない」誰だか知らないが上手いことを言ったものだと感心する。
という書き出しで、とってもわかりやすい博士号のとり方を綴ったサイトがあります。



本橋研
本橋健司・芝浦工業大学教授。本橋研究室にて。

本橋 健司 【芝浦工業大学建築学部建築学科 教授】
1981年、東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。以降、建設省建築研究所の研究員を経て、2004年には独立行政法人建築研究所・材料研究グループ長及び建築生産研究グループ長に就任。
2009年建築研究所を退職し、芝浦工業大学に勤務。現在に至る。
日本建築仕上学会名誉会長、日本建築学会材料施工委員会前委員長、2017年度国土交通省建築基準整備促進事業「非接触方式による外壁調査の診断手法および調査基準に関する検討委員会」副委員長


今回は、まず、「高耐久性樹脂塗料を利用した塗装仕様の耐久性評価に関する研究」の目次のみ紹介します。

25目次1 BRN3C2AF425D8EC_000111

25目次2 BRN3C2AF425D8EC_000112 (2)

25目次3 BRN3C2AF425D8EC_000112 (3)

25目次4  BRN3C2AF425D8EC_000113 (2)

25目次5  BRN3C2AF425D8EC_000113 (3)

25目次⑥ BRN3C2AF425D8EC_000114 (3)






↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
平成30年 全アロン防水組合関東支部 賀詞交換会

記念講演はプロ野球の駒田徳広氏
「満塁男のなんでも言っちゃいます!」

448アロン関東川上氏

全アロン防水組合関東支部は1月23日、東京・芝公園のメルパルク東京で、記念講演会と賀詞交歓会を開催した。
15時30分からの講演では、「プロ初打席、満塁ホームランを放ち、その後もここ一番での勝負強さを見せ、在籍した巨人ではリーグ連覇。横浜ではリーグ優勝、日本一をけん引する。勝負から逃げない男」が、「ここ一番での心構え」と「球界の裏話」を、さらに「最悪の事態をイメージしたうえで開き直る。そのことで余裕ができる」など自らの経験とノウハウを語った。

アロン乾杯P1230067
懇親会では川上一三関東支部長が「 過去の好成績にあぐらをかかず、関東支部の目標500トンを目指そう」と挨拶、メーカー挨拶、キャンペーン説明の後、関東支部管理士会宮川賢一主査(エムジェーシー)の発声で乾杯した。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
東京でも根雪?
鶴川絵日記201802030900
ロウバイA1240095
遅咲きのロウバイと缶詰屋根の小屋
寒波の雪解けず


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて