FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
押切もえ が防水を語る。
「もえチャン がテレビで防水のこと話してるよ!!」

もえ P2170014
という、もえファンからの電話で、テレビのスイッチを入れました。記者は名前も顔も知らなかったのですが、人気モデル・タレントだそうです。

2月17日午前11時30分 BS-TBSの「NEXT TECHNOLOGY]という30分番組でした。
快適な生活環境の確保と建物の屋上の役割,さらに総合防水メーカー・田島ルーフィングが開発した「サーモコントロール断熱」という省エネ防水技術を、押切もえが紹介していました。

堀moeP2170017
日本建築学会材料施工委員会防水工事運営委員会主査で大林組技研の堀長生さんのコメント

コンクリートにはひび割れが入る、ひび割れから水が入る。都会では建物の敷地面積とほぼ同じ面積の屋上がある。この屋上の環境を考えることで都市そのものが変わる可能性がある。

都市の省エネ化に屋上が秘める価値は大きい。現代の屋上には太陽光や外気の熱を伝えにくくする機能が求められている。


輿石moeP2170026
日本建築学会材料施工委員会防水工事運営委員会幹事で早稲田大学教授輿石直幸先生のコメント

防水工事に使われる材料は合成高分子・プラスティック。これは高温で劣化が早くなる。
外断熱はコンクリート保護に有効である。


最高気温比較P2170030

建物の省エネと耐久性、生活快適性に外断熱がいいことは分かっている、しかし防水層や断熱材の位置、保護の仕方でその性能は大きく異なります。2010年建築学会大会で、70度を起点として温度が10度上がるとアスファルト防水層の劣化は2倍、10度下がると半分になることが発表されました。

この結果を受けて研究を進めたのがサーモコントロール断熱。遮熱塗料を室内温度との関係を比較する実験は良く行われていたが、それに断熱材を加え、実際の建物で比較した例は今までなかった。
番組では通常の防水、外断熱防水、サーモコントロール断熱の3つの条件で、防水層表面温度、室内天井裏温度を比較して、その効果をわかりやすく見せていました。


番組が終わって、放送を教えてくれた建築とは無縁のもえファンにお礼の電話をしたら

「すごーくわかりやすい!けどカメラさんへたーーー」と言っていました。(発言通り)
 記者は「もえチャン}が特に好みではありませんが、こういう普段防水を気にしたこともない人たちの口から「防水」という言葉が出ると嬉しいですね。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。
蓄熱槽断熱防水で指針
「蓄熱槽断熱防水工事技術指針(案)」 で建築学会が2月27日(水)に講習会

NEX / WOLLENSAK-cine raptar 1inch f 2.5
2013.2.11 10:50撮影 能ヶ谷の梅 (NEX / WOLLENSAK-cine raptar 1 inch f 2.5)
写真は記事とは関係がありません。


日本建築学会 材料施工委員会 防水工事運営委員会 は東京都港区芝5-26-20 の日本建築学会で 2013年2月27日(水) 13:00~ 17:00「蓄熱槽断熱防水工事技術指針(案)」講習会を行う。
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2012/h250227.pdf

空調用熱源の低公害かつ効率的供給のための冷暖房施設や昼間電力のピークカットおよびピークシフト等の目的のために蓄熱槽の重要度は益々高くなっている。こうした背景から、建物躯体を利用した現場築造タイプの蓄熱槽の実績も年々増大している。建築学会は、1993年に断熱水槽防水(設計・施工)技術指針・同解説を刊行し、断熱防水工事の品質確保を図ってきた。しかし、20年近い年数を経て、空調効率をより向上させるため氷蓄熱槽の適用が増えていることや、蓄熱槽の大規模化や高深度化が進んだ結果、蓄熱槽に適用される断熱材や防水材にも変化が生じたことから、蓄熱槽の断熱防水工事に関する新たな指針が強く求められていた。
そこで、同小委員会は、蓄熱槽の断熱防水に係わる施工、さらには、蓄熱槽の種類と計画や、断熱・防水設計および断熱防水層の維持管理もとりあげて、蓄熱槽断熱防水工事技術指針(案)としてまとめた。

当日のプログラムは以下のとおり。敬称略
13:00-13:10 挨拶:本橋健司 (芝浦工業大学)
13:10-13:40 主旨説明・適用範囲と目標性能:堀 長生(大林組)
13:40-14:30 蓄熱槽の種類と計画:島津路郎(東洋熱工業)
14:30-16:00 断熱・防水設計と断熱防水工法:君嶋浩志(住ベシート防水)
16:00-17:00 断熱防水層の施工と維持管理 :長谷川 完 (竹中工務店)

1.参加費(テキスト代含む)
(1)日本建築学会会員 7,000円(2)後援団体会員 9,000円(3)会員外(1、2以外)12,000円
2.テキスト
「蓄熱槽断熱防水工事技術指針(案)」 B5判 130頁


問合せ先
日本建築学会 事務局:浜田
E-mail: hamada@aij.or.jp

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。
鶴川絵日記
秋のトンボは超近接接近を許す。

2011.9.22鶴川散歩 

ん。今「ブタトンボ」って言わなかった?
ん。今「ブタトンボ」って言わなかった? EPL3/14-42
[建築紛争フォーラム] 戸建住宅の地下室をめぐるトラブル
日本建築学会の紛争フォーラム 9月2日開催

戸建住宅の地下室に関わるトラブルテーマに


2011年度建築紛争フォーラム「戸建住宅を巡る建築紛争」
-紛争解決に向けて、さらに予防へ-
                 
 


地下に関わるトラブルのうち、「漏水」は最重要テーマです。しかし戸建住宅の地下室の漏水は、湿気と並んで悩ましい問題でありながら、屋根からの漏水程は話題になりませんでした。このフォーラムに際して意見を求められた裁判所の調停委員でもある鶴田裕さんから、「建築学会で面白いフォーラムがありますよ~」と教えていただいたので、以下、建築学会からのリリースを紹介します。


戸建地下トラブル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     
日本建築学会司法支援建築会議では、日本建築学会大会開催時に会員ならびに
開催地の市民の皆さまに、広く建築紛争とその解決に寄与する司法支援建築会
議の役割を知っていただくために建築紛争フォーラムを開催しております。今
回は「戸建住宅」をテーマとして取り上げ、その土地固有の戸建住宅を巡る課
題に焦点を当てた講演会を企画いたしました。

基調講演として、東京地方裁判所の裁判官に「戸建住宅を巡る建築紛争-紛争
解決に向けて、さらに予防へ-」について講演していただきます。東京地方裁
判所には建築専門部として民事22部があり、関東地方の建築を巡る訴訟が集ま
る傾向にあります。また、司法支援建築会議会員も関東地方に多く在住してい
ることから、地方都市での鑑定人、調停委員として推薦されることもあり、東
京地方裁判所には建築紛争の情報が集積しています。そこでの経験、状況を踏
まえて講演していただきます。
 続いて、主題解説として戸建住宅を建設するときに発生する紛争について、
紛争解決に向けての方法のみならず紛争を予防するためにどうすればよいか
を、数多くの紛争において鑑定や調停に携った経験をもとに、法律家と建築技
術者から話題提供をしていただきます。その内容は、最近の話題として既存建
物に隣接して「地下室を持つ戸建住宅」の建設に関わる事例を取りあげ解説し
ていただきます。その後、会場からのご意見を頂きながら総合討論によって戸
建住宅に関する紛争解決の議論を深めたいと思います。奮ってご参加をお願い
します。

主 催:日本建築学会 司法支援建築会議運営委員会
日 時:平成23年9月2日(金)13:30~17:10
会 場:建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)

プログラム:
                司会 宇於崎勝也(日本大学)
                副司会 角陸純一(清水建設)・宮内靖昌
                    (竹中工務店)
            記録 飯田恭一(オフィスK)・丸山一男
                   (㈱アミック)

 1.開会挨拶
  小野徹郎 (司法支援建築会議運営委員会委員長/椙山女学園大学)

2.主旨説明
  柿正義(普及・交流部会長/㈱クォリティー)  

3.基調講演「戸建住宅を巡る建築紛争-紛争解決に向けて、さらに予防へ」
   伊藤 繁(東京地方裁判所民事22部裁判官)

4.主題解説「戸建住宅を巡る建築紛争に対して-地下室を持つ戸建住宅を例として」
  4-1 設計・監理の側面から
    鈴木義昭(住宅保証機構)
  4-2 施工の側面から
    山中誠一郎(都市建築設計事務所)
  4-3 法律の側面から
    大森文彦(大森法律事務所)

 5.総合討論
   進行:柿 正義(前掲)

 6.まとめ・閉会(5分)17:05~17:10
   都甲 栄充(AMT一級建築士事務所)
 
参加費:会員2,000円、会員外3,000円、学生500円
定 員:200名
申込方法:FAXまたはE-mailにて「催し物名称、会員番号、氏名、勤務先・所
属、電話番号」を明記のうえ申し込む。
問い合せ:司法支援建築会議事務局 川田
TEL:03-3456-2051 FAX:03-3456-2058 E-mail:kawata@aij.or.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かりん
ひっそり育つカリン(P300)

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会


もう一度 聞いてほしい この話
聞いてほしいのは 田中享ニ 東工大名誉教授 のこの話です


 日本の建築防水材料・技術のレベルは世界のトップレベルにあります。何しろ先進国の中で、これほど降雨条件の厳しいところは少ないし、職人は器用だし、客もうるさいですからね。 
 かつて20~30年前まではアメリカや欧州への防水視察旅行が盛んに行われていました。「もう学ぶものは無い」というのが大方のがここ10年来の認識でした。
 でもそれは防水を提供する側からだけの見方だったのでは無いでしょうか? 世界最高レベルの材料と世界最高の施工技術がわが国に存在することは間違い無いでしょう。でも実際に行われた工事の結果は世界最高でしょうか?

 工事作業者は誰の方を向いて仕事をしているのでしょう? 工事の工期は、工賃は、材料費は?「納得できる防水工事をしたいと思っている、それだけの技能を持った職人」が「世界のトップレベルの防水工事」を実現できる環境に今の日本はあるのでしょうか?

 2008年6月27日に行われたJWMA(日本防水材料協会)の総会後のパーティーで、で日本一の防水研究者である東京工業大学田中享二教授(当時)はこんな話をしました。私のメモによるとこんな内容でした。

tanaka takumi
(写真は2010.11月撮影)

--------------------------------------------------------------------------------

今世界の中で日本の防水材料はどんな水準にあるかと言うと、間違いなくトップレベルにあります。でそのトップレベルの中でも上に行ってるかというと、行ってません。そに理由は今までの皆さんのやり方が、まず設計者がいてゼネコンがいて、そしてメーカがいて、という形だったから、材料開発が常に後追いの形で、行なわれることが多かった。自ら先に行くという習慣が無かったからではないと思います。

 国内だけを考えていい時代ならそれで、いいのだが、世界水準に到達した今、やはりもう一歩先へ行く必要があると思う。先般防水の国際会議があった。もう少し先を行ってる世界があったのでその話をさせていただきましょう。

1.まず環境。LCC―O2の問題にしても、日本の防水材の技術は世界のどのレベルに?LCC―O2の問題にしてももっと、きちっとやろうと言う動きがある。日本の防水も一時やりかけたが、腰砕けになってしまった。今CASBIE などによって建物の性能を総合的に評価しようとしてるんですが、防水の部分は何か分かりにくい数字が入っているのが現状。これを何とかきちっとしなくちゃならない.先進国ではこの防水をはじめ、要素技術をちゃんと抑えている。
2.環境関係。材料を植物起源の材料で作ろうという研究が一部で進んでいる。今のところ大豆が主流になっている。燃料分野との奪い合いになるかも知れない。
3.防水のライフは20年から30年が標準になりつつある。そういう意味で瑕疵担保10年は時代の趨勢に合わないが法律が絡むと責任が重いので、同じ期間にするのはは難しい。
4.北米では耐風性能についてしっかりした材料を作っていこうとする動きが強まっている。我々も今皆さんのサポートを得て、 宮古島で実験を続けている。
5.一般的な工法として緑化は世界的トレンドになっている。ただ日本は値段に汲々としているが、 世界の先端は緑化屋根のファイアレジスタンスとウィンドレジスタンスの研究にまでシフトしている。これはすなわち緑化は当然とした上で、もう一歩先のことを考えていることの現われだ。
6.アメリカ中心ではあるが、リフレクティングルフいわゆるクールルーフも積極的。ただしヨーロッパはそれほど積極的ではない。

--------------------------------------------------------------------------------

 みなさんのおかげで、日本の防水はトップレベルではあるがトップではない。

 今後、日本の防水材の進歩を誰が担ってゆくか。

 今まではリードしてきたのは、設計者とそれを技術で支えたゼネコンの研究所の人たちだった。これからはどうか?今ゼネコンは一部を除いて、防水に関する技術力は明らかに落としている。外国はもともと防水コンサルタントがいたから彼らが防水の技術力を担保してくれた。日本ではコンサルタント能力のある人は沢山いるが、制度としてないから、防水メーカーの皆さんが力をつけてくれるしかない。日本では今技術移転の方向がメーカーの方に重心が移りつつある。皆さんへの期待は大きい。

 防水はこれからは世界に発信していかなくてはならないし、 世界をキャッチアップだけ目標ではいけません。

 私は定年まで後2年(2008.6月当時)。建築の学生は亀の甲がにがてなのがほとんどで、メーカーに入りたがらない。せいぜい希望してもセメントや鉄鋼業界。だから将来のことを考えれば、防水メーカーの若手を育てた方がよさそうだ。建築家が建築のことだけ勉強しても技術は発達しない。皆さんがは化学の分野だからモノつくりは得意だ。 ただその視点だけだと建築の後追いになってしまう、値段を下げる競争に終始してしまう。

 大事なのは建築と化学といった、ちがう分野がクロスすることである。そこで技術がぐっと進みから、そのチャンスを作ることに力を注ぎたい。今化学のエンジニアを対象にしてのための建築・防水セミナーを計画している。ここにいる人たちの年齢ではもう手遅れだから、会社の若い人たちをよこして欲しい。皆さんと力を合わせて、頑張っていきましょう。

ホウズキ
今日は満月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ルーフネットは、ほぼ週刊ウェブマガジンです。「ほぼ週刊」というのは、編集長のいい加減さとは違って、月のフェイズに合わせているからです。新月号、上弦の月号、下弦の月号、満月号の4回。陰暦と太陽暦の1月は一致しませんから、現在の暦では、ほぼ1月に4回発行。すなわち「ほぼ週刊」となります。この形になったのが、昨年の6月12日号=第1号です。バックナンバーは本サイトの「バックナンバー」から読んでください。それで現在は60号。記事を書き始めたのは2006年8月1日です。時々、当時の記事を読み返し反省・復習します。バックナンバーからでは見つけられない「お薦め記事」を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会



詩になったアスファルト ~~瀝青の鏡~~ 
銀色の魚は瀝青(れきせい)の水中をよぎる


瀝青の鏡
「アスファルトは安全である」と訴えるより「アスファルトを美しいと感じる人がいる」ことに注目したらどうだろう。

防水のプロの間では性能面で高く評価されたとしても、現場で200度近い高温が必要な「熱アスファルト防水工法」が、今の時代に相応しいかどうかという点では、マイナス点はいくつも列挙できる。その一つ一つに反論していくことがはたして、効果的なのだろうか?

そんなことを考えていたとき、瀝青・アスファルトという「モノ」や「言葉」の美しさにに対して好意を寄せる詩人や音楽家がいることに気づき、とても驚いた。

そういえば「窯の中のアスファルトが青緑にキラキラ光って、きれいなんだよ」と話してくれた老職人もいたではないか!
そうか。これは盲点だった。
アスファルとの断面
防水用ブローンアスファルトの断面

~~
この波紋がもしも青い羽根だったら、船は空を飛ぶかもしれないね
ぼくなら、一枚だけ羽をひろってペン軸をつくるな
泛子(うき)がゆらぎ、瀝青の水中を銀色の魚がよぎった
~~
(瀝青の鏡より)

鉱石倶楽部
「瀝青の鏡」は人気漫画家にして鉱石フェチの詩人、長野まゆみの「鉱石倶楽部」(文春文庫2005年667円)におさめられている。


アンコールシリーズ : この記事は読者のご要望により2010/04/13の記事を再編集したものです。

ホムペはこちら


小学生のプレゼン力、目の付けどころに驚き!
街路樹の不思議

ガードレールを呑み込む街路樹


ルーフネットが支援する「子どもしぜん科学大賞」の授賞式が昨年末、東京都夢の島熱帯植物館のホールで行われました。第6回目となる今回も、ホールはほぼ満席。詳細は「主催者である子どもたちと夢を創る会、熱帯食物館、こどもしぜん科学大賞」の記事を見てください。今回優秀賞となった、小学生の「街路樹のふしぎ」と主催者がノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊東大特別栄誉教授が創設した「小柴昌俊科学教育賞」にノミネートされました。

なぜプラタナスはガードレールを呑み込んだのだろう?