FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
茅葺き屋根の漏水と「ふるやのむり」
ふるやのむり
藁ぶき小屋

茅葺き屋根の雨仕舞を語る時、この話「ふるやのむり」は絶対外せないだろう。
「ふるや」=古屋の 「むり」=漏り である。

日本全国に民話として伝わっており、、トラが出てきたり、おせっかいなサルの尻尾が短くなったり、孫がいたりいなかったり、神様が出てきたりーーー登場人物や話の展開に地域差がある。全国共通のテーマ、それだけなじみのある話と言うわけだ。
古屋

こんな話だ。
むり


 むかしむかし、雨の降る晩の事だった。おじいさんが孫に話を聞かせていました。
「じいさま、世の中で一番こわいもの、なんだ?」
「・・・そうじゃの、人間ならば、どろぼうが一番こわい」
 ちょうどその時、どろぼうがウマ小屋のウマを盗もうと屋根裏にひそんでいました。
 どろぼうは、これを聞いてニヤリ。
(ほほう。このおれさまが、一番こわいだと)
「じいさま、けもので一番こわいもの、なんだ?」
「けものならば、・・・オオカミじゃの」
「じゃあ、オオカミよりこわいもの、なんだ?」
「そりゃ、ふるやのもりだ」
 ウマを食べようとウマ小屋にひそんでいたオオカミは、それを聞いておどろきました。
 ふるやのもりとは、古い屋根の雨もりの事です。
 でもオオカミは、そんな事とは知りません。
「俺様よりこわいふるやのもりとは、いったいどんな化物だ?」
と、ふるえ出しました。
 屋根裏のどろぼうも話を聞いて、ヒザがガクガクしています。
「ふるやのもりというのは、どんな化物だ?」
と、丁度そのところへ、何かが首にポタリと落ちました。雨粒でした。
「ヒャーーッ! で、でたあー!」
 どろぼうは足をふみはずして、オオカミの上にドスン!
「ギャーーッ! ふ、ふるやのもりだっ!」
 オオカミは、ウマ小屋から飛び出しました。
 振り落とされてはたいへんと、どろぼうは必死にオオカミにしがみつき、オオカミは振り落とそうとり続けます。
 夜明けごろまで走り続けたころ、うまいぐあいに突き出ている木の枝を見つけたどろぼうは、飛びついて、そのまま高い枝にかくれてしまいました。
「たっ、助かった」
 オオカミの方は背中にくっついていた物がとれて、ホッとひといき。

ふつうはここで終わりですが。 島根県バージョンははまだ続きがあります。


「だが、まだ安心はできん。ふるやのもりは、きっとどこかにかくれているはず。友だちの強いトラに退治してもらおう」と、トラのところへ出かけました。
 話を聞いてトラも恐ろしくなりましたが、いつもいばっているオオカミの前でそんな事は言えません。「ふるやのもりという化け物、必ずわしが退治してやる。安心しろ」 トラとオオカミは一緒に、ふるやのもりを探しに出かけました。 すると高い木のてっペんに、なにやらしがみついています。 オオカミはそれを見て、ふるえ出しました。「あ、あれだ。あ、あれが、ふるやのもりだ」「なに、あれがそうか。なるほど、恐ろしい顔つきをしておるわい」 トラは、こわいのを隠して、「ウォーッ! ウォーッ!」と、ほえながら木をゆさぶりました。 するとどろぼうが、二匹の上にドスン! と落ちてきました。「キャーン!」「ニャーン!」 トラとオオカミは悲鳴をあげながら、逃げて行きました。
 どろぼうは地面に腰を打ちつけて大けがをし、オオカミは遠い山奥に逃げ、そしてトラは海を渡って遠い国まで逃げて行って二度と帰ってはきませんでした。 おしまい

またある地域では

泥棒が一休みしたお堂の中で神様が出てきて「今から悪いことすんでねえぞ」というので、改心して謝った。狼から話を聞いた猿は笑い飛ばして仇を取りに行ってやると泥棒の寝ているところへ尻尾をいれていたずらしていたが、寝たふりをしている泥棒に尻尾を切られた。帰ってきた猿から話を聞いた狼は「やっぱり古家のむりはおっかない」と、猿と一緒に海を渡ることにしたが、猿の方は短く切られた尻尾の傷口が傷んでしかたなく帰ってきたが狼は遠くにいった。
だからここらには猿はいるが、狼はめったにいないとさ。



とまあこんな話です。
むりどん

ユーチューブで動画も見られる。
まんが日本昔ばなし 「古屋のもり」
http://www.youtube.com/watch?v=hcLJVnQCh08&noredirect=1


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。日本防水の歴史研究会