FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
38回目の水コンペ 1等(賞金百万円)は北島さん
2人の芸術家の関係を豊かにする空間の提案
38会水コンペ1等・北島
六鹿正治(日本設計社長)審査委員長より賞状と賞金が贈られた。


総合防水メーカーの日新工業が主催する第38回日新工業建築設計競技(通称・水コンペ)の入賞者表彰式が11月16日、東京港区の国際文化会館で行われた。
今回のテーマは「ふたりのアーティストの家」国内外から2152件の登録と676点の作品応募があった。 さる10月21日に審査を行い、当日11点の作品を表彰した。1等は京都工芸繊維大学大学院の北島瑛登さん。
表彰式の席上、主催者を代表して日新工業相臺公豊社長が「水コンペはアイデアコンペ。形にはまらない豊かな発想で、世界に羽ばたいてほしい。水コンペがその手助けができれば嬉しい」と述べた。続いて表彰。六鹿委員長が「今回は676という多くの応募があった。まず審査委員がそれぞれ10~15点を選ぶ。アイデアコンペの常で、これがなかなか重ならない。1次審査で60点が選ばれ、2次で20点、ここから11点を選んだ。順位はついたが僅差だった。審査員によって期待するものには幅があるのだが、共通して「ふたり」の関係を豊かにするものを求めていた。濃密な関係を思い浮かべることは、今の人たちは不得意かもしれないが」といいつつ総評、各委員の論評のあと記念写真撮影を挟んで、パーティーに移り、恒例の審査委員と受賞者の率直な質問・講評があった。(講評は次回。)

2等以下の入賞者は次の通り(敬称略)
2等:崔 恭輔(金沢工業大学大学院)・野田直希(CAAK)・中村有利・佐藤有未(金沢工業大学)
3等:赤井菜々子・酒井駿一(立命館大学大学院)
佳作:松瀬秀隆(大阪工業大学大学院)・福井麻友(奈良女子大学大学院)、竹田和行(東京理科大学大学院)、森 英之(エッグデザイン)、 滝下朋和(千葉大学)・谷 征紀・西村 馨(千葉大学大学院)、森川啓介(フリー)、滝川寛明(石上純也建築設計事務所)、阿部 匠・木原紗知(東京都市大学大学院)、斎藤信吾・李 恵利(早稲田大学大学院)


審査委員(敬称略)
審査委員長 六鹿正治(日本設計代表取締役社長)
審査委員 青木 淳(青木淳建築計画事務所代表)
妹島和世(慶応義塾大学教授)
藤本壮介(藤本壮介建築設計事務所代表)
山本敏夫(鹿島建設専務執行役員・建築設計担当)
相臺公豊(日新工業代表取締役社長) 


38会水コンペ 記念撮影の後3審査員
表彰式会場は前川らの名建築。六本木鳥居坂の国際文化会館。
表彰式を終えパーティーの前に、受賞者達と庭での記念撮影を待つ六鹿正治、山本敏夫、藤本壮介審査委員

庭は植治の旧岩崎邸庭園
例年パーティーの席でコーディネーターの馬場璋造さんが、会場となった建物の解説をするのだが、今回は時間がなかったので代わりに↓

~~岩崎邸は昭和20年5月の空襲で消失、その後昭和30年に国際文化会館が建設された。 設計は前川国男、吉村順三、坂倉準三の三氏共同による。戦後日本の優れた建築であり、旧岩崎邸の庭園との調和を最大限に考慮する姿勢が認められる。~~
との解説が施設の入口にある。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会