FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
11.8 (火曜日) 建築学会で防水シンポ
防水層の耐風性評価・省エネなどでシンポジウム
建設中の東京駅.2011.10.15撮影
建設中の東京駅.2011.10.15撮影(記事とは関係ありません)

社団法人日本建築学会 材料施工委員会 防水工事運営委員会が、
第6 回防水シンポジウム「建築防水分野における新たな取り組み」を行う。

日時:2011 年11 月8 日(火)13:00~16:30
会場:建築会館ホール (東京都港区芝 5-26-20)


雨水・地下水を建築物に入れないための防水技術は、最も基本となるものであり、建築物への要求性能や
材料・工法の発展と連動して進化するものである。昨今では、環境問題や長寿命建築物への要求、自然
災害対応等、屋上防水を取り巻く状況の変化が著しい。このような現状認識に立ち、2 年毎に開催され、
今回第6 回目となる防水シンポジウムでは、防水工事運営委員会傘下の委員会活動成果の中から、「機
械的固定工法防水層の耐風性評価試験方法」、「高日射反射率防水材の屋外暴露試験結果」、及び「ウ
レタンゴム系塗膜防水に用いる通気緩衝シートの評価試験方法」の計3つのテーマについて活動内容を
公開する

<プログラム>
1.主旨説明 堀 長生(大林組)
2.機械的固定工法防水層の耐風性評価試験方法
田中享二(東京工業大学名誉教授)、中村修治(住ベシート防水)、
山部亮一(アーキヤマデ)、石原沙織(東京工業大学)
3.高日射反射率防水材の屋外暴露試験結果
輿石直幸(早稲田大学)、東海林隆史(田島ルーフィング)、清水市郎(建材試験センター)
<休 憩>
4.ウレタンゴム系塗膜防水に用いる通気緩衝シートの評価試験方法
田中享二(前掲)、渡辺光(レオン工業)、古澤洋祐(AGC ポリマー建材)


定 員:150 名
参 加 費:会員3,000 円、会員外4,000 円、学生2,000 円
申込問合せ:事務局研究事業G 一ノ瀬(E-mail:ichinose@aij.or.jp)

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会