FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
初公開! 防水・石油業界の歴史を語る幻の作品
初公開!防水・石油業界の歴史を語る幻の作品

「小堀鞆音 没後80年」展
平成23 年10 月1日( 土) ~11月13日( 日)
佐野市立吉澤記念美術館

小堀鞆音縮小」

小堀鞆音《燃水燃土献上図》[ねんどねんすいけんじょうず]   大正三年(1914)
 JX日鉱日石株式会社所蔵 絹本着色 額装一面  69.9㎝×100.8㎝

「越国」(現新潟県)で産出したアスファルト(燃土)と石油(燃水)を天智天皇に献上したという『日本書紀』の記述を絵画化。日本石油株式会社(当時)の依頼により制作、業界の歴史を語る絵として複製等を通して愛されてきましたが、その原本(本物)が今春発見されました。鞆音の画業としてはほとんど知られていなかった作品です。本展が初公開となります。
毎年7月1日新潟県胎内市、それを受けて7月7日滋賀県大津市の近江神宮で、この小堀靹音(ともと)の絵を摸したお祭りが斉行されています。

「小堀鞆音 没後80年」展
【テーマ】「武」と「文」の心を描く
主催:(財)佐野市民文化振興事業団、佐野市郷土博物館、佐野市立吉澤記念美術館

 佐野市立吉澤記念美術館では、「武」と「文」をテーマに、画家が最も得意とした「武者」主題と、深く古典文学に親し
んだ鞆音ならではの「文学」主題の作品によって構成します。画業の最も充実した明治30年前後の代表作から晩年の優品まで、初公開作品数点を含むのべ約25点および関連資料を展示します。

 佐野市出身の日本画家、小堀鞆音(こぼり・ともと)は昭和6年(1931)10月1日に亡くなりました。平成23年(2011)
10月1日、没後80年を迎える本年、佐野市郷土博物館・佐野市立吉澤記念美術館で展覧会を開催します。
 小堀鞆音は文久4年(1864)、下野国安蘇郡旗川村字小中(現在の佐野市)に生まれました。農業の傍ら絵筆を
執り、幟の武者絵や絵馬などを遺した父(晏斎)・兄(桂雲)のもとで育ち、画家を志しました。21歳で上京し、故実に
優れた川崎千虎に入門、歴史画家としての修養を積みました。内国勧業博覧会、日本美術協会など各種展覧会で高
い評価を得た鞆音は、当時最も重視された絵画ジャンルである「歴史画」の第一人者としての地位を確立します。東
京美術学校で教鞭を執ったほか、水野年方らとともに「歴史風俗画会」を結成するなど、「歴史画」の研究と発展、後
進の育成にも力を注ぎ、安田靫彦ら多くの優れた画家を育てました。
 本展覧会では2会場にわかれ、それぞれの視点から画家の画業をたどります。
佐野美
佐野市立吉澤記念美術館
http://www.city.sano.lg.jp/museum/index.html



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会