FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
燃水祭で初。防水関係者による玉串拝礼
防水業界からも7名初参加。
防水の祖神でもある天智天皇に玉串拝礼。
燃水祭玉串拝礼
手前・新バーレックス工営丸山功会長。向こう・日本防水の歴史研究会・石田節子さん。奥・石油業界紙代表

毎年7月7日、天智天皇を祀る滋賀県大近江神宮で「燃水祭」が行われる。防水の歴史を語る時、必ず引き合いに出される「天智天皇に燃える土と燃える水を献上した」という故事に則り行われる祭典である。燃える土とは天然アスファルト。燃える水とは石油だ。

今年も「燃水祭」は盛大に執り行われ、石油業界から多くの人たちが参列、新潟県黒川から運んだ燃える水(7月1日の黒川燃水祭記事参照)を奉献し、日本書紀の該当部分を奉唱した。石油業界にとって天智天皇は「石油の祖神」であり、「燃水祭」は業界人として「石油の祖神」に感謝の祈りを捧げ、業界の繁栄を祈願する重要な行事となっている。

今年は、日本書紀とアスファルト・防水とのかかわりを1年以上にわたって紹介してきたルーフネット編集部に近江神宮から、燃水祭への招待状が届いた。ウェブマガジン「ルーフネット」でその記事を見た日本防水の歴史研究会の設立メンバーである丸山功さん、石田節子さん、また防水メーカー最大手である田島ルーフィング、日新工業もルーフネット森田喜晴編集長とともに東京から参加した。さらに地元大阪から大正6年創業という我が国で最も歴史ある防水工事店「木下謹象三商店」 の木下彰久氏も会場で合流、神事に参加した(写真下、左から2人目)。

燃水祭木の下3

燃水祭を解説する
ルーフネットのブックレット「日本書紀と防水」を手に、丸山さん(右)から燃水祭参加までの経緯を聞く木下さん。

燃水祭木の下2


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会