FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
防水の起源。「燃水祭」カウントダウン
近江神宮のホームページ
トップに「燃水祭」が出ました。
http://oumijingu.org/


そして黒川村(現・新潟県胎内市)からも
「黒川燃水祭」のお知らせ到着。

kurokawa 燃水祭ポスタ
この画はもちろん、小堀鞆音「燃土燃水献上図」

黒川燃水祭

 新潟県内の石油産出地は、黒川・新津・東山丘陵・西山丘陵・頚城地方などの油田が著名であり、くそうず(草水・臭水)という原油を示す地名も残ります。

 新潟県胎内市がコシと呼ばれていた頃、天智7(668)年の日本書紀(第二十七巻)の記録に越の国が、燃ゆる土(アスファルト)と燃ゆる水(原油)とを献るという日本最古の原油献上の記述があり、胎内市のなかでも旧黒川村にあたる塩谷・下館は、この献上地といわれています。
この燃水祭は、地元の越の国臭水遺跡保存会が、昭和62年から続けてきました。先人が臭水(原油)に係わって生活してきた歴史を振り返り、この貴重な文化を後世に残すことを使命とし、未来を担う子どもたちに郷土愛を深めることを目的とします。

 開催予定日  平成23年7月1日(金) 午前10時30分~11時30分

 会    場   シンクルトン記念館 (新潟県胎内市下館1622)

 主    催   越の国黒川臭水遺跡保存会
------------------------------------------------
もちろんルーフネット日本防水の歴史研究会は現地取材します。

当日は、
一、降     神 一、献     饌 一、献上採油の儀 一、点 火 の 儀  ・・・・・・・一、献上行列  
と続きます。
7月1日の黒川燃水祭は、7月7日、滋賀県近江神宮で行われる燃水祭のいわば前夜祭。オリンピックの聖火の点火式ですね。 これが460キロ先の近江神宮に献上され、7月7日燃水祭が斉行されます。

 







ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。日本防水の歴史研究会