FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
黒川村まで460キロメートル
精度日本一の近江神宮の日時計。
その文字盤の周りに刻まれた「黒川村」


黒川まで620キロ

7月1日、新潟県胎内市(黒川村)の献上池で採油された「燃える水」が
7月7日、近江神宮の燃水祭で奉献されます。


黒川村献上行列
献上行列:小堀鞆音による「燃土燃水献上図」を模した行列。4人目、5人目の二人で担いでいるのが「燃える土=アスファルト」予算がないので馬はいないようです。/strong>

カグマによる採油
カグマによる「燃える水」採油

黒川村燃水祭・採油の儀
「採油の儀」を見学する地元の小学生 *上3点の写真はシンクルトン石油記念館

油坪
普段の油坪。 2010.11.29日本防水の歴史研究会撮影

日本防水の歴史研究会も、7月1日に新潟県胎内市(旧黒川村)で行われる「(黒川村)燃水祭に参加します。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会