FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
[燃水祭]の御案内がきました
防水業界から初の参加です

日本書紀と防水がつながります

sakunenn の燃水祭
昨年の燃水祭の様子

燃水祭ご案内

今年のご案内。注目!「燃える土とは天然アスファルトのことであり・・・」と書かれています。

「燃える土とは」の部分は従来、「泥炭」であったり「石炭」だったり。時には「瀝青」でした。この解釈に関して、昨年来、石油関係の文献を紹介しながら御説明した結果、近江神宮では今後「燃える土=天然アスファルト」と書いていただけることになりました。防水業界にとって、このことの意義は大きいものです。すでに、近江神宮ホームページの「燃水祭」の説明では、変更されており。最も重要な今回の燃水祭御案内の文章でも、[燃える土とは天然アスファルト]となっております。これに感謝する意味でも、7月7日の今回の燃水祭に参加させていただきます。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会