FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
タイル改修の巨大マーケットにどう取り組む?
毎年平均3千万平米のタイルが施工されているとすると、40年間で12億平米のタイル外壁ストックがある。

中島
タイルフィクス工業会の記念講演で「タイル貼りの剥離事故例とその原因」を解説する、イナックスエンジニアリング中島和幸氏。

野口社長
昨年9月社長に就任した野口社長は「工事業界は終わりのないマラソン。やるなら勝ちたい。 それは皆さんと同じ。頑張りましょう。」と挨拶した。

外壁タイルの剥落防止システム「タイルフィクス」工法の施工者団体であるタイルフィクス工業会(中坂勇二会長)は5月19日、東京都港区のメルパルク東京で第2回通常総会と記念講演会を開催した。
ーーーーーーーーーーーーー
タイル改修の巨大マーケットにどう取り組む?

講師の中島氏は、外壁タイルのこれまでの出荷数から①外壁タイル貼りには大量にストックがある ②補修・改修の市場が大量にあるーーことを紹介。
バブル期に建築された建物が約20年経過 → 補修・改修対象のタイル張の建物が多い → 2008.4の定期報告制度改定は、定期的に調査点検・報告する制度であるが、補修改修につながる可能性が高い。(「要是正」物件)。「要是正」の判定基準は「外壁タイルなどに剥離があること、又は著しい白華、ひび割れ、浮等があること」となっている。これは現実的にはほぼ100%の建物が要是正になる。 と言うことだ。



ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会