FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
歴史画家・小堀鞆音(こぼりともと)について
小堀 鞆音(こぼり ともと)
、文久4年2月19日(1864年3月26日) - 昭和6年(1931年)10月1日)


小堀鞆音
大正3年に歴史画「燃土燃水献上図]を画いた。「燃土」とは天然アスファルト、「燃水」とは原油。

岡倉天心等と活躍した明治の歴史画家。帝室技芸員。有職故実に基づいた正確な歴史考証による歴史画を得意とした。
 明治25年、岡倉天心や橋本雅邦らを中心に日本青年絵画協会の設立に参加。明治41年東京美術学校同校教授、文展審査員に。大正6年、帝室技芸員に。大正8年に帝国美術院が創立されると森鴎外が院長に、小堀鞆音、川合玉堂、富岡鉄斎らが会員となった。

大和絵風の新しい歴史画分野を開拓、東京美術学校教授、宮内庁帝室技芸員などを歴任。
 画号の「鞆音」は有職故実(ゆうそくこじつ)を学んだ、師の川崎千虎の本名「鞆太郎」の一字を貰った。「鞆」は弓を射る時の皮製の武具で、弦があたるとそれが音を発するという意味。博物館、商務省特許局等で装飾下図の製作に従事する一方で古画の模写に携わり、研鑚を積む。
 有職故実に基づいた正確な歴史考証による歴史画を得意とした。特に有名な武士を画材とする上で不可欠の甲冑の研究にも没頭した。甲冑を模作し、着用した写真が残っている。

小堀下絵
東京芸大が所蔵する下絵(大正3年
東京大正博覧会出品画という裏書きがある)71.2×99.3 



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会