FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
白州次郎の愛車「ペイジ」が武相荘に
武相荘にペイジの屋根(幌屋根)を見に行こう

IMG_0675.jpg


IMG_0677.jpg
 
1916 PAIGE Six-38 5-Passenger Car by Fleetwood
1916年型 ペイジ Six-38 フリートウッド製5座席ツーリングカー



英国ケンブリッジ大学留学の前、神戸一中に在学当時 17歳の次郎が、父白洲文平から初めて買い与えられたアメリカ車の同型車。
Six-38は、1915年に発売された大型6気筒モデル“Six-46”の縮小版で、主にオーナードライバー向けに制作されたモデル。
水冷直結6気筒の3.7リッターエンジン搭載、ボディは後にキャデラックと密接な関わりを持つことになる名門ボディ工房、フリートウッド(Fleetwood)が製作したもので、5座席ながらもスポーティな仕上がり。




今、武相荘に展示されている「PAIGE」は埼玉の「ワク井ミュージアム」から借りているもの。NHKで放送されたドラマ、「白洲次郎」で使用された「PAIGE」。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会