FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
トンネル漏水問題を考えるシンポジウム
トンネル漏水止水対策でマニュアル作成
PGトンネル漏水シンポジウム
ピングラウト協議会25周年総会で開催されたシンポジウム。活発な質疑応答が続いた

2月25日、東京・霞が関ビルの東海大学校友会館で、ピングラウト協議会の25回定時総会が開催され柿崎隆志会長(オフィストゥーワン)が再選された。同会は清水建設が特許を持つ、親水性発泡ウレタン樹脂によるコンクリートひび割れ補修工法の施工団体。

同工法は近年土木分野での採用が増えており、平成18年以後、土木用の材料は全出荷量の半分を超えるようになった。中でもトンネル工事の増加が顕著。しかしトンネルの漏水対策は、そのトンネルの工法や、漏水の部位によって、適用する止水方法がさまざまな上、建築での止水とは全く異なる判断が求められることがあるという。そこでピングラウト協議会技術委員会(柿崎隆志委員長)は土木構造物のエンジニアリング会社である応用地質㈱トンネル技術部大田裕之部長、清水建設土木技術本部久保昌史主査、同技術研究所小野正上席研究員らの協力を得て、このほど「ピングラウト工法適用上の留意点:トンネル編」を作成した。
同技術マニュアルは、A4サイズ8ページのコンパクトなものだが、トンネルの工法別特徴と、それに伴うひび割れや漏水現象の特徴、止水対策上の留意点を分かりやすくまとめたもの。

シンポジウムはこのマニュアルに沿って、柿崎、大田、久保の各氏が概要を説明し、最後に会場から質問が寄せられ、活発な質疑応答となった。


ホムペはこちら
PG総会 トンネルシンポ-
ピングラウト工法適用上の留意点:トンネル編



party line  (ピングラウト協議会懇親会)

司会は事務局テクニポールの田嶌  さん
司会は協議会事務局テクノポール㈱の田嶌さん

PG.jpg

ユーぷレックス社長

小野さん