FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*声と力と心を合わせた 除夜の鐘
「え~い、ひとーつ」「そーれ」 国内最大級の知恩院の鐘
知恩院除夜の鐘
知恩院名物水平撞き GX200

知恩院の大鐘は1636年鋳造。高さ3メートル、口径2・8メートル、重さ70トン。東大寺(奈良市)や方広寺(東山区)と並ぶ国内最大級の鐘。

 「えーい、ひとーつ」「そーれ」の掛け声で、16人の僧侶が一斉に子綱を引いて撞木(しゅもく)に勢いをつけると、親綱を持った1人の僧侶が全体重をかけて仰向けに真横になって大鐘に打ちつける。(ユーチューブでたくさんの動画がアップされています)

サウンドスケープを研究する音楽学者・ 中川真教授によると、知恩院の鐘の音は 175ヘルツで、日本音階の下無調。中川氏は京都の梵鐘の音程と五行思想との驚くべき関係を見つけた。「平安京 音の宇宙」1992年平凡社。で第14回サントリー学芸賞、第7回京都音楽賞、第4回小泉文夫音楽賞を受賞した。

ホムペはこちら