FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
竜宮城の屋根

竜宮城の屋根

片瀬江の島駅


2020年7月30日、竜宮造りの「片瀬江ノ島駅 新駅舎」が完成した。

片瀬江ノ島駅は、1929年4月1日の小田急江ノ島線営業開始に合わせて、竜宮造りと称される竜宮城を模した造りで開設され、以来90年の間、地域の人々や観光客に親しまれてきました。2018年に建て替えが開始され、約6ヶ月間の工期を経て屋根総面積785㎡(回廊・コンコースを含む)の改修工事が完了した。新しい駅舎神奈川県産の木材を活用した本格的な竜宮造りで、木の温もりがあふれる駅舎になっている。

竜宮造りとは、社寺の楼門の造り方の一種で、下部は漆喰しつくいで塗り固め、中央にアーチ型の通路をあけ、上部は木材で軒を組み、入母屋の屋根をのせる。木部を丹や群青などで彩色し、異国趣味が強い。長崎の国宝崇福寺楼門が代表例だ。

屋根は、緑青発色チタンで成形加工したチタンによる本瓦棒(芯木なし工法)および横葺きで、役物も多様な処理をしたチタンが使用されている。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。