FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「ステイホーム!」といわれても。ステイする家は無し
ビッグイシュー日本が、「コロナ緊急3ヵ月通信販売」3次参加募集


390号
最新号Vol.390 9月1日号特集は「秋こそ、ソロキャンプ」。スペシャルインタビューは、ケイティ・ぺりー。


ストリートペーパーとして17年目を迎えた「ビッグイシュー日本版」
2020年 9月 4日ビッグイシュー日本が、3度目のコロナ緊急3ヶ月通信販売の募集を開始した。

ビッグイシュー日本によると、第1次が、9000人余、第2次5000人余が応募した。この売上により、4月、5月、6月は毎月5万円、7月、8月は毎月3万円の配分金をホームレスの販売者に提供できた。おかげで販売者は励まされ、必要を感じたら休むこともでき、感染者も出ていない、という。
緊急事態宣言の下で一旦は減った感染者が今、東京、大阪のみならず全国で増えている。販売者は最大限の予防対策をしながら路上での販売を続けているが、街角の人出に影響される雑誌の販売数は、4月1日号は31%減、15日号40%減、5月1日号は40%減、15日号27%減、6月1日号は28%減、15日20%減、7月1日号38%減、15日号29%減と、減り幅は一時2割台に戻った後、再び3割台となっている。


■「第3次コロナ緊急3ヵ月通信販売」
■価格:3300円
※内訳:雑誌代金(@450×6=2700円)+送料
■販売者還元額:@230×6冊=1380円
■配分目標:毎月3万円程度を(主に雑誌販売で自活している)販売者に10月~12月の3ヵ月間配分
■申し込み期間:9月4日~11月30日


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。