FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
今年は「レジリエント」かい?
レジリエンスあるいはレジリエントな建築

レジリエントPF000021

建築学会に流行語大賞があるとしたら、昨年はSDGs(エスディージーズ)、その前はサスティナブル。今年はレジリエントかもしれない。建築学会の会誌「建築雑誌」2010年1月号の特集は「レジリエント建築社会の到来」だ。

レジリエンスという言葉は、。辞書的には、ものが外力を受けてた時、元に戻ろうとする弾性や回復力を意味し、1970年代に生態学・心理学分野で危機や逆境に対する回復や適応を、表す言葉として用いられるようになったという。特集は、レジリエントな建築を人材育成から、人類史・システム工学・SDGsとのかかわりなどから展開している。

京都大学・牧紀男教授は「レジリエンス建築」=「しなやかな建築」と解く。その現実的な表れを、いくつかのことばで例示している。例えば、災害時も使い続けられる建築、水害に対して建築はどう対処するか、移動できる建築、ライフラインを自給できる建築・・・。
さて、そんな時、防水屋・屋根屋には何ができるのだろうか。
田中享二先生に「建築学会からレジリエント建築と防水で、依頼がありましたか?」と聞いたのだが、まだないようだ。








↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です。