FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
第10回 防水シンポジウム ①
防水改修後の耐久性など 6テーマ



シンポ輿石 趣旨説明R0000385
防水工事運営委員会 輿石直幸主査の趣旨説明

日本建築学会 材料施工委員会 防水工事運営委員会は2019 年 12 月 2 日(月)10:00~17:15、建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20)で、第10回防水シンポジウムを開催した。
このシンポは、防水工事運営委員会傘下の委員会の最新の活動成果を公開し、会員からの意見・要望等を今後の委員会活動に反映させることを目的として2001年から隔年で開催されているもので、今回は10回目。

シンポ資料R0000392

テーマと発表者(敬称略)
(1)2018年台風21号防水層被害調査報告  中村修治(住ベシート防水)

(2)改修後の防水層の品質確保のための既存防水層の状態調査  古賀純子(芝浦工大)

(3)マンション大規模修繕における防水工事の課題と対応  宮内博之(建築研究所)・奈良圭一(日防技研)

(4)ムーブメントを受けている状態でのシーリング材の損傷発生に及ぼす物理特性の影響 伊藤彰彦(オート化学工業)、
                                                         石原沙織(千葉工大)

(5)各種防水材料の15年間屋外暴露・試験結果報告  竹本喜昭(清水建設)ほか7名
アスファルト防水/改質アスファルトシート防水/合成高分子系シート防水/ウレタン塗膜/FRP塗膜防水/シーリング材

(6)防水アーカイブス  田中享二(東工大)

(7)防水シンポジウム10回の歩み  輿石直幸(早稲田大)



古賀 R0000397
改修後の防水層の品質確保のための既存防水層の状態調査: 芝浦工業大学・古賀純子教授

宮内R0000410
マンション大規模修繕における防水工事の課題と対応:建築研究所・宮内博之氏

奈良R0000419
マンション大規模修繕における防水工事の課題と対応:日防技研奈良圭一氏






↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です