FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 銅屋根クロニクル69 新潟市歴博
「施工と管理」銅屋根クロニクル-69-
「みなとオアシス」の屋根は玄昌石と銅板葺き

P7010126.jpg

新潟駅から車で10分ほど。新潟市歴史博物館本館はSRC3階建て、延床面積約5500㎡。外装は木造モルタル仕上げの二代目市庁舎にならって、現代工法でのモルタル仕上げを施した。基壇部は中国花崗岩、屋根は玄昌石に銅板の段葺きえで施工され、風格ある仕上げだ。

d-無P7010098

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html
kuro69.jpg


「施工と管理」銅屋根クロニクル-69-新潟市歴史博物館(新潟県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№374、2019年10月号より

800 69-1

800 69-2





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です