FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 板金による草葺き屋根改修手引き
昭和42年 亜鉛鉄板会が下地造りの手引きを作成
委員長は波多野一郎千葉大教授(当時)


448表紙

日本金属屋根協会は機関誌「施工と管理」2019年8月号から、昭和42年に亜鉛鉄板会が作成した「亜鉛鉄板・カラートタンを使った草葺き屋根改修下地工法」(40頁)の掲載を開始した。

委員長は千葉大学・波多野一郎教授。委員は、建設省関東地方建設局・本間正直技官、登之内工業・登之内聡一郎社長、東邦シートフレーム・山田庚五郎常務。
背景、下地造りの注意点、方法などを詳細な図面で示している。

波多野一郎氏については
本「ルーフネット」 の「防水の博士たち」
http://www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%9F%E3%81%A1&word=%E6%B3%A2%E5%A4%9A%E9%87%8E%E4%B8%80%E9%83%8E#j33e390c
wp 
  を参照下さい。

800見開き

茅葺き屋根の缶詰は タイムカプセル?  http://www.kinzoku-yane.or.jp/feature/n_10.html
も、合わせて、ご覧ください。

800 ご挨拶(亜鉛鉄板会)波多野委員長
800 目次

下葺き材に関しては、このように記されている。
800プラスチックフィルム葺き 
なお草ぶき屋根は、急勾配のため亜鉛鉄板・カラートタンぶきの下ぶき(アスファルトフェルトぶき、アスファルトルーフィンぶき、プラスチックフィルム下ぶきなど)は屋根ぶき作業上嫌われるけれども、下ぶきは、屋根ぶき板の保護にもなり、結露防止にもなるものであるから、ぜひ使用すべきである。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です