FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
平成30年の水害被害額は1兆3,500億円
昨年年7月豪雨が統計開始以来最大の被害


国土交通省は、このほど平成30年の水害被害額(暫定値)を公表、平成30年の水害被害額(暫定値)は、全国で約1兆3,500億円となった。
特に平成30年7月豪雨による被害額は約1兆1,580億円となり、単一の豪雨による被害としては、昭和51年台風第17号等による被害額(8,844億円※)を上回り、統計開始以来最大の被害額となった。

被害金額


同省では昭和36年より、水害(洪水、内水、高潮、津波、土石流、地すべり等)による被害額等(建物被害額等の直接的な物的被害額等)を暦年単位でとりまとめている。

都道府県別水害被害額




集中豪雨に関しては近年の頻度、規模の急激な拡大が、屋上の排水機構のあり方対して、新たな取り組みを、求めている。

以下、国交省が令和元年7月30日公表した、被害状況の概要を示す。(詳細は
http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo03_hh_000985.html   )
 


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です