FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
既存建築物省エネ化推進事業の第2回提案募集
~令和元年度既存建築物省エネ化推進事業の第2回提案募集~

省エネ改修支援のイメージ


国交省住宅住宅生産課は令和元年7月16日、「建築物の省エネ改修工事」の提案募集を開始した。
また、8月5日より全国2会場で、事業者向け説明会「住宅・建築物 省エネ・省CO2関連支援事業説明会」を無料で開催する。

1) 主な事業要件
① 躯体(外皮)の省エネ改修工事を行うもの
② 建物全体におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して、20%以上の省エネ効果が 見込まれる改修工事を行うもの(ただし躯体(外皮)の改修面積割合が20%を超える場合は、15%以上の省エネ効果とする)
③ 改修後の建築物の省エネルギー性能を表示するもの
④ 改修後に一定の省エネルギー性能に関する基準を満たすもの
⑤ エネルギー使用量の実態を把握する計測を行い、継続的なエネルギー管理、省エネルギー活動に取り組むもの
⑥ 事例集等の作成に対し、情報提供に協力すること
⑦ 省エネルギー改修工事とバリアフリー改修工事に係る事業費の合計が500万円以上のもの
⑧ 改修後に耐震性を有すること
など

2) 補助対象費用 ① 省エネ改修工事に要する費用 ② エネルギー使用量の計測等に要する費用 ③ バリアフリー改修工事に要する費用(省エネ改修工事と併せて行う場合に限る) ④ 省エネルギー性能の表示に要する費用

3) 補助率・補助限度額 補 助 率:補助対象費用の1/3 補助限度額:5,000万円/件(設備改修に係る補助限度額は2,500万円まで) ※バリアフリー改修を行う場合は、当該改修に係る補助額として2,500万円 または省エネ改修にかかる補助額を限度に加算

4) 応募期間 令和元年7月16日(火)~令和元年8月28日(水)

詳細は、H P:http://hyoka-jimu.jp/kaishu/

600 説明会 


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です