FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
第7回 日中韓国防水シンポジウム 10月 早稲田で。

2019 年10 月11 日(金) ・12 日(土)
各国防水業界の課題と今後の対応でシンポ

第4回、」全前回日本 20131202-16[1]
前回日本で開催されたシンポ(2013年)の様子


「第 7 回 日中韓防水シンポジウム」が、2019 年10 月11 日(金) ・12 日(土)の両日、早稲田大学総合学術情報センター国際会議場 井深 大記念ホールを会場に開催される。 主催は 早稲田大学理工学術院創造理工学部 。協賛は (一社)全国防水工事業協会,(一社)日本防水材料協会,日本シーリング材工業会。

会場は 早稲田大学総合学術情報センター国際会議場 井深 大記念ホール (東京都新宿区西早稲田 1-20-14 )。
以下のスケジュールが予定されている
1) 主旨説明:Connected Technology と防水の未来
2) 「日本における防水業界の課題と今後の対応」
3) 「中国における防水業界の課題と今後の対応」
4) 「韓国における防水業界の課題と今後の対応」
5) 日本建築学会『保全標準仕様書』策定概要
6) 各国からの研究発表・企業からの技術発表(15 編程度)

5.参加登録費 (論文集代、懇親会代含む) 一 般:30,000 円(同一会社からの二人目以降の参加者は 20,000 円) 学 生:5,000 円


連絡先・申込書送付先
〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町 9-2 日新中央ビル3階
(一社)日本防水材料協会内 第 7 回日中韓防水シンポジウム準備委員会 事務局 宛
TEL:03-6661-9033 FAX:03-6661-9034
E-mail:jwma@ec2.technowavule.ne.jp

ソウル大会での記念写真
ソウル大会での記念写真


このシンポジウムが初めて開催されたのは2009年。「アジアの3国が協力して技術を高め、世界に発信し、世界の防水技術向上に貢献しよう」という東京工業大学田中享二教授(当時)や韓国ソウル科学技術大学 呉 祥根教授の熱意ではじまった。

開催に際して中心になったのが、日本の防水研究の第一人者である田中享二東京工業大学名誉教授。田中研究室にはこれまで中国、韓国ほか各国の学生が在籍し、卒業後それぞれの国の防水分野で活躍している。田中教授は日中韓シンポ開催にあたって「確かに防水は欧米から発展してきたが、雨の多い日中韓だからこその苦労があり、研究、工夫もある。風土的その他でも共通点の多い3国が技術開発や問題解決で連携すれば効果的である。時間はかかるが、こうしたシンポジウム継続することが大切。それがアジアの防水を良くし、世界の防水を良くする道だと信じる」と訴えた。

開催に際しては、「メリットがない」、と消極的な業界関係者が少なからず存在する一方、「欧米中心ではグローバルとは言えない。アジアの実情を反映してこそ真のグローバルであり、日中韓3国の防水業界が協力して発言力を高め、使えるISOを作ろう。そのためにこの日中韓防水シンポによる信頼・協力関係は心強い」。と意義を見出すメ^カー関係者もいる。さらに、現在の日中韓の緊張感のある情勢の中で、こうしたシンポジウムが開催されることの価値もある。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です