FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
防水の歴史を建築学会誌掲載論文から紐解く(1)

防水の研究はいつ始まったか

建築雑誌総目録(2~7)

明治19年(1886)4月、造家学会が設立された。翌年明治20年(1887)1月には機関誌「建築雑誌」が創刊される。「造家」の名称は、現在の東京大学工学部の、当時の名称が、工部大学校造家学科であったことによる。明治12年(1879)第1回卒業生が辰野金吾、片山東熊らである。

建築学会のHPから、建築雑誌創刊号より、掲載論文を一編ずつクリックしてゆけば、逐一検索は可能である。
一方、写真の「建築雑誌総目録」では、各時期ごとに、材料・工法に関するどのような論文が掲載されていたかを、概観できる。

写真右端の「2」のシールが上部に貼られたのが、建築学会創立50周年記念として昭和11年6月に発刊された、「建築雑誌総目録」で実際上の(*)第1号である。
この号では、論文は、
Ⅰ歴史、Ⅱ意匠及装飾、Ⅲ設計に関する基本事項、Ⅳ設計計画、Ⅴ各種建築、Ⅵ材料、Ⅶ構造、Ⅷ施工、Ⅸ設備、Ⅹ法規、Ⅺ都市計画、Ⅻ災害、ⅩⅢ雑。
に分類され、

Ⅵ材料 の11項に「アスファルト、ピッチ「」という分類項目があり、最も古いものは
◎地瀝青  黒沢利八 2集 17号 明治21年(1881) 5月 73頁

であった。

続く。
次回は
①2~7巻の発行年次、分類方法と
⓶2集の掲載論文
③3集以降の掲載論文


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)