FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「平成 30 年度 建築研究所 講演会」
外壁診断、鉄筋腐食、ドローンなど

T800建研講演会 ポスターA7R08177

国立研究開発法人建築研究所は、平成31年3月1日、東京・有楽町マリオンの有楽町朝日ホールで、「建築研究所講演会」を開催する。

建研は毎年3月に 「建築研究所講演会」を開催しており、今年度も、取り組んでいる研究活動を中心に、各分野における研究開発の最新 情報を紹介する。会場のホールロビーでは、研究成果等をポスター にして展示するとともに、研究者が直接説明するコアタイムを設けている。また特別講演として、早稲田大学名誉教授の尾島俊雄氏をが「Society 5.0とデジタルビルド・ジャパン」について講演する。

1. 開催概要 日 時: 平成31年3月1日(金)10:30~16:00(開場 10:00)
2. 会 場: 有楽町朝日ホール(東京・有楽町マリオン11 階)
事前登録不要(入場は先着順) 参加費: 無料


特別講演
早稲田大学名誉教授 尾島俊雄 「Society 5.0 とデジタルビルド・ジャパン」

一般講演
① 2018 年北海道胆振東部地震による建築物等の被害調査報告
材料研究グループ 上席研究員 槌本敬大
② 既存建築物の地震後継続使用のための耐震性評価技術の開発 ~熊本地震によるRC造建築物の被害を踏まえた検討~
構造研究グループ 主任研究員 向井智久
③ 水害リスクを踏まえた建築・敷地レベルの対策の評価
住宅・都市研究グループ 主席研究監 木内 望
④ BIM 確認申請の展開と課題
建築生産研究グループ 上席研究員 武藤正樹
建築分野におけるドローン技術の動向と展望 ~ドローン活用における安全教育と技術の高度化~
材料研究グループ 主任研究員 宮内博之
⑥ 自然換気システムの評価・設計法の開発
環境研究グループ 主任研究員 赤嶺嘉彦

パネル展示
① ブロック塀の地震被害調査および耐震診断基準 構造研究グループ:主任研究員 渡邊秀和
② 2018年北海道胆振東部地震による札幌市里塚地区の宅地被害:構造研究グループ 上席研究員 新井 洋
2018年台風21号による建築物等の被害:構造研究グループ グループ長 奥田泰雄
④ 日よけ効果係数算出ツールの開発と適用方法に関する検討:環境研究グループ 主任研究員 西澤繁毅
⑤ 設計実務者向け住宅用暖冷房負荷計算ツールの開発 環境研究グループ:主任研究員 三浦尚志
⑥ 欧州の中高層木造建築をめぐる防火技術開発の動向と課題:防火研究グループ 上席研究員 鍵屋浩司
⑦ 消防活動支援に関する技術的知見の収集を目的とした実測調査:防火研究グループ 研究員 野秋政希
鉄筋コンクリート造建築物における鉄筋腐食抑制技術に関する研究: 材料研究グループ 主任研究員 松沢晃一
定期報告制度における外壁調査の実施率向上のための診断技術:建築生産研究グループ 上席研究員 眞方山美穂
⑩ 勾配変化部を有する鋼製下地吊り天井の力学性能に関する実験:建築生産研究グループ 研究員 沖 佑典
⑪ 建築部材部品の形状確認における3次元計測技術の活用に関する研究:建築生産研究グループ 研究員 高林弘樹
⑫ 東京都総合設計制度によって生み出された公開空地の緑化状況調査:住宅・都市研究グループ 主任研究員 武田ゆうこ
⑬ 地域活性化に向けた医療福祉施設等導入の可能性に関する研究:住宅・都市研究グループ 研究員 今野彬徳
⑭ 中南米諸国に対する地震工学分野の国際貢献:国際地震工学センター 主任研究員 諏訪田晴彦
⑮ 国際地震工学研修の成果事例:国際地震工学センター 上席研究員 小豆畑達哉



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です