FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
大事なのは右手
まめもらんだむ
448雪の日のネコヤナギPG9P8620
平成31年のネコヤナギ

「大事なのは弦を押さえる左手よりも、弓を持つ右手」。
昔、取材先の音大で、たまたま子供のレッスンを立ち聞きしていて、そんな言葉を聞いた。ことを思い出した。指が動くことより、いい音を。音楽生み出すのは弦を擦る弓の力、ということだったのだろう。弓で弦をしっかり掴み、押さえ、ひききる。馬のしっぽの細胞と羊の腸・金属・ナイロンの細胞が、出会い、互いに押さえ合いながら移動して、分れ、また出会う。そんなイメージを想像してみた。

その意味では管楽器も同じだ。穴を押さえる指の動きは目立つが、息の方が大事なはずだ。尺八はその最たるもの。ヨーガの呼吸の意味はここと繋がりそうだ。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です