FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
今や珍しい鍋の穴
穴があくまで使えた喜び。
nabenoana P1010017
 左下の柄(え)がなければ、日食のようにも見える、この物体。スタンドの上に被せた鍋です。穴がよく見えるように被せてみました。

穴あきなべPG9P8381

アルマイト製が少なくなった今、穴があいてくれるのは、焦がし続けた琺瑯(ほうろう)鍋でしょうか。鍋には申し訳けなかったですが、これからは園芸用に働いてもらいましょう。