FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
〇学会大会で防水アーカイブズに関する研究発表
「ひと」情報収集の現状など6編を発表

a-kaibu.jpg
「ひと」情報の収集状況を報告する、桑田恵美委員(ネイチャーランド)。


2013 年 4 月から活動を開始している日本建築学会・防水工事運営委員会・防水アーカイブズあ り方検討 WG、防水アーカイブズ資料収集・整理 WG、防水アーカイブズ 調査研究 WGは、9月4日、仙台で開催された日本建築学会大会で、以下5編の研究報告を行った。

①防水アーカイブズに関する研究 その8 シーリング専門工事業関連資料収集状況-1

②防水アーカイブズに関する研究 その9 シーリング専門工事業関連資料収集状況-2

③防水アーカイブズに関する研究 その5 防水アーカイブズ資料としての「ひと」情報収集の現状

④防水アーカイブズに関する研究 その6 アスファルトルーフィング類における原紙・原反の変遷 1原紙

⑤防水アーカイブズに関する研究 その7 アスファルトルーフィング類における原紙・原反の変遷 2 合成繊維不織布原反

700 a-kaibuzu


わが国の防水の歴史はすでに 100 年を超えている。こ の間多くの材料・工法が開発され、多くの人が関与し、 現在に至っている。ただこれら情報を保存する習慣、そ れを受け止める仕組みがなかったため、貴重な防水遺産 が散逸・消失し、現在もその状況が続いている。これら を危惧し、次世代へ防水情報を伝達する仕組みとして防 水アーカイブズを構想し、建築学会防水工事運営委員会 内にワーキンググループを設置し活動 を開始した。防 水アーカイブズにおける収集対象は「ひと」、「もの」、「文書」。

WG設置以来毎年「もの「」情報を報告してきたが、「ひと」に関する報告は初めて。 今回は桑田恵美委員(写真)が「防水アーカイブズに関する研究 その5 防水アーカイブズ資料としての「ひと」情報収集の現状」として、~ 現在までに 200 名を超える「ひと」のファイルが完成 しているが、今のところ、情報の得やすい 論文や雑誌等に頻出する「ひと」に偏っており、実際の 工事に携わった実務関係の「ひと」が少ないこと、今後の収集計画、閲覧計画~などを報告した。









↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です