FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
国際茅葺き会議 第6回日本大会 来年5月 白川・美山で
世界の茅葺き職人150人が日本に集まる
英独蘭、デンマーク、スウェーデン、南アと日本

700ITC 東京


白川郷での国際フォーラムでは同時通訳が入り、天候次第ではあるが、参加者による、屋根葺きも行われる。

(一社)日本茅葺文化協会・安藤邦廣代表理事談(2018年6月16日)
安藤代表理事 PG9P3555

2019年5月18日から5日間、ITC国際茅葺き会議 第6回日本大会が開催される。
初めの3日間は白川郷、その後、京都・美山に移り、さらに神戸へと巡回しながら、発表、ワークショップ、見学、交流など盛りだくさんのプログラムを計画している。
世界7か国から150人の茅葺き職人が大集合する予定だ。日本側の受け入れ団体が日本茅葺職人連合。ITCはいわば世界の茅葺き職人の交流会である。

日本にはこれまで茅葺き職人が交流できる組織がなかった。それは日本の茅葺き職が主に農家の兼業であったことに由来する。故に茅葺きが職業として確立されていなかった。現在、茅葺き職人が減ってしまったこともあり、日本には茅葺き職の団体が存在しなかった。このほど国際茅葺き会議の企画を得て、日本茅葺き職人連合が立ち上がり、日本へ招致することとした。

我々(一社)日本茅葺き文化協会も設立10周年の節目の年であり、ITCは定例のフォーラムを兼ねる記念大会となる。来年2019年は茅葺文化発展の年になるだろう。皆さん白川郷で、美山で世界の茅葺き職人たちと競い合って、交流を深めてほしい。また関係する多くの人達の知恵と協力が欠かせない。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。