(旧 「防水屋台村」建設中)
永井香織さんと茅葺きのルーフネット
永井香織さんと茅葺き

永井茅葺きの「ルーフねと P5300122
左・永井香織准教授(日大)、中・上野弥千代事務局長(日本茅葺き文化協会)日本の防水と雨仕舞の歴史館ブースで(第23回R&R建築再生展2018)。
永井さんがアーヘン工科大学留学中、たまたま「日本の茅葺き職人が葺いているから見に来ないか」と言われて行ってみたら、 相良郁哉という人だった。本サイトでもよく紹介する、日本茅葺文化協会の仲間で広告塔の一人だ。それを聞いて驚く上野さん。「えーー、世の中狭いね」という言葉が、何度もこのブースで聞こえた。 これぞ屋根が結ぶルーフネット。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。