FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*「ピカソ美術館をつくった防水メーカー」 あるいは 瀝青事業で美術館をつくった池田英一
「日本アスファルト物語」の著者 池田英一は
アスファルトで財をなし、ピカソの美術館をつくった。


晩年の大作「近衛兵と鳩」
ピカソ晩年の大作「近衛兵と鳩」


防水デジタルアーカイブ:防水書籍紹介その2・「日本アスファルト物語」開始にあたって、「日本の防水の歴史研究会」がこれより、著者池田英一氏の防水とのかかわり、業界への貢献、なぜピカソなの?などの謎解きのため20世紀池田美術館に出発します。2010.9.28 08:00新宿発。

同館のホームページによると
1975年5月伊豆の一碧湖けやき通りに、わが国初の20世紀美術館ができた。この美術館の土地、建物と約1300点の所蔵作品の大半は、現在のニチレキ(株)の創立者池田英一氏が寄付したもの。

建物は、
彫刻家井上武吉氏の設計で、展示館外壁は日本ではじめてのステンレススチール張り。入口から出口まで有機的に連なるユニークな空間造形となっている。

所蔵作品は
20世紀に制作された絵画・彫刻で《人間》をテーマとするものを中心に約1300点を収蔵。ルノワール、ボナール、ピカソ、マチス、レジェ、シャガール、ココシュカ、ミロ、ダリ、デ・クーニング等、外国巨匠の大作、秀作や、日本の異色作家の作品。常設展示は約100点、3ヶ月に1回特別企画展を行っている。

予め連絡をすれば、館長又は館員の解説が聞ける。


シュール前のダリ:ヴィーナスと水兵」
ダリ:「ヴィーナスと水兵」"シュールリアリズム前の珍しい作品で、海外美術館からの貸し出し要請が多い。

ミロ「女」
ミロ「女」




道路舗装材料メーカーであるニチレキは昭和18年の日本瀝青化学工業所として池田英一が創業。かつては田島ルーフィング、日新工業など大手防水専業メーカーと、東京の防水工事受注を巡って激しく受注を競ったルーフィングメーカーでもあった。
現在のニチレキは、アスファルト乳剤、改質アスファルトをはじめとする各種舗装材料・工法の開発および販売・施工をおこなっているルーフィングなどの建築防水材料は製造していないが、橋梁用床版防水材を製造している。


「ボーナスもらうたびに1枚づつ絵を買った」と池田英一さんが言っていた、と古い防水関係者は言うが、はたしてアスファルト乳剤はどのくらい儲かったのか。

質問(勉強)予定項目
1.日本瀝青化学の防水業界でのランキング:田島ルーフィング、日新工業の2大メーカーとどう戦ったのか
2.著名製品・工法:業界での評価
3.創業者と会社が業界・社会で果たした役割
4.のれん分け、日瀝出身の防水関係者は?
5.現在のニチレキは池田氏と無関係?現社是「種まき精神]は創業者のものだが
6.「日本アスファルト物語」の価値
7.なぜ美術館
8.20世紀池田美術館の美術館としての社会的評価。防水関係者として威張っていいものか。
9.その他