FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY390 「日本の防水と雨仕舞の歴史館」コーナー
「日本の防水と雨仕舞の歴史館」コーナー
          2018年5月30日(水)~6月1日(金)開催

東京ビッグサイトで2018年5月30日(水)~6月1日(金)開催される第23回 R&R建築再生展に、「日本の防水と雨仕舞の歴史館」コーナーが出現します。ルーフネットと「JHWA日本防水の歴史研究会」が古代から現在に至る、防水と雨仕舞の知恵と技をテーマに展示します。
22回の様子


週刊ウェブマガジン「ルーフネット」は2010年4月24日より、防水・屋根・雨仕舞をキーワードに、ルーファーの知恵と技、歴史と文化との深いかかわりに関する情報を発信してきました。まもなく400号となります。「屋根屋はすごい、防水は大事」を言いたいが為に書いた記事の数は大小合わせて3000本を超えました。

その内容は縄文時代の屋根の雨仕舞、ノアの箱舟やバベルの塔の防水とシーリング、日本書紀に記されたアスファルトや石油の話、茅葺き屋根に学ぶ雨仕舞の知恵、さらには省エネ技術と建築再生の精神、そして最新の防水…に関するものでした。

「日本の防水と雨仕舞の歴史館」コーナーでは、ピカイチの茅葺職人の技や、めったに聞けない話、バベルの塔の音楽演奏や、日本書紀の記録を図像化した貴重な絵(模写)も最新の防水情報との関係性の中で紹介します。

このために、神戸から茅葺職人を招聘し、小屋組みを整え、竹と茅を準備します。日本でただ一人の茅葺き博士にとっておきの話をお願いし、中世音楽の若きドクターであり人気演奏家の菅沼起一氏に演奏を依頼しました。大津市の近江神宮から貴重な絵のレプリカを、日本書紀に記された新潟県黒川村からは、燃える土と燃える水の資料をお借りしました。



展示内容は以下の通りです。――――――――――――――
① 茅葺の技と知恵=再生・省エネの原点、今に生きる茅葺。世界茅葺き大会と日本茅葺き文化協会の紹介
② 天野彰氏制作のプレハブに茅葺きラッピング。茅葺きと苫編みの実演。
③ 日本茅葺き文化協会会長安藤邦廣氏(筑波大名誉教授)、天野彰氏のミニセミナー
④ 旧約聖書の世界と防水。ノアの方舟・バベル塔、フェルメール パネル
⑤ 縄文時代のアスファルト利用と防水。 パネルと土瀝青展示。
⑥ 日本書紀・燃える土、黒川燃水祭と近江神宮燃水祭。写真と黒川近江冊子。
⑦ 近江神宮博物館に「燃える土」と燃水祭資料展示計画実行委員会。
⑧ 石原沙織千葉工大准教授。 なぜ茅葺・杮葺きで雨が漏らないか。
⑨ 菅沼起一と中世古楽アンサンブル演奏
⑩ 日本建築学会防水アーカイブズWGの活動報告。パネル
⑪ 近代前夜の防水:淀橋浄水場、蓑虫山人が描く屋根防水
⑫ 現代の防水:協賛企業のカタログ展示など。
⑬ 金属屋根の美と知恵  一社・日本金属屋根協会のパネル(初めて学ぶも)
⑭ JADA日本建築ドローン協会のパネル。 ドローンが開く調査診断の可能性
⑮ その他、ビッグイシュ―、 日本熊森協会


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!