FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
ひび割れ問題(1)の解答 はヴァッサーの2000年カウントダウン時計
百水(フンデルト=百 ヴァッサー=水)は この時計に何を込めた?
東京で唯一見られる フンデルトヴァッサー作品

カウントダウ時計横

カウントダウン時計縦

vassa-解説
水と緑は地球環境の象徴。柱と柱の空間は大小の生き物と人間の世代になぞらえている。この時計は現世の暗喩である。~そうだ。このひび割れをヴァッサーは予測していたか?想定していたならこれは何を表わす?

ウィーンで最も有名な屋上緑化事例は 7月 13日のOH日記のヴァッサーハウスだろう。屋上どころか、廊下や踊り場、部屋の中から巨大な幹が伸びて、今では建物を覆っている。でも環境ブームに乗って「屋上緑化」をPRするメーカーがイメージキャラクターとして、日本人好みのウィーン風色彩にひかれて、ヴァッサーを選んだとしたら大変だ。彼の考える建物と植物の共生状態はこうだ。屋上緑化なんて生やさしいものではない。
tree tenant
さらに、この下の画には一番驚いた。 屋上に木を植えるのではない。レストランの屋上を八ヶ岳の森にした俳優はいたが、そんなレベルを超越している。ヴァッサーの家は森にぶら下がるのだ。

森にぶら下がる家
森の下にぶら下がっている家。1972年。シルクスクリーン19色、箔押し3色。50×67


出題時(9月5日のOH日記)に言った様に「tooヘビー」でしょう?

この項続く
1.カウントダウン時計は漏刻と深いつながりがあるに違いない。
2.ヴァッサーは「雨」に執着
3.「屋上緑化」という軽いノリでは見逃してしまうものを、ヴァッサーは教えてくれる
4.美術・建築のヴァッサーと音楽のフリードリッヒ・グルダは双子ではないか?
5.愛する百水作品集:その1は「屋根の上の川」
などです。

カウントダウン時計の秘密
秘密1.7段の水槽に植えられているのは、パピルスで、これはヴァッサーの指示。したがって作品の一部である。初夏に花が咲く。だだし今は増えすぎて、管理に困り、ポット植えにした。
秘密2.このモニュメントは当初TBSの緑山スタジオにあったが、ミレニアムのカウントダウン終了後、現在の赤坂本社前に移された。
秘密3.池の水はポンプで循環している。午後4時から5時の間はストップする。
秘密4.最後の7段目から注ぐ池には金魚がたくさん泳いでいる。これはヴァッサーの指示ではない。近所のおばさんが夜店ですくったものを放したのである。鯉も数匹いるが、これを放したのは誰か解っているが言えない。
秘密5.モニュメントの場所は赤坂TBS入口のすぐそばだが、受付のきれいなお姉さんに「フンデルト・ヴァッサーのカウントダウン時計はどこですか?」と尋ねても知らない。が、すぐに総務に聞いてくれて、数分後には親切に教えてくれる。


ホムペはこちら