FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
もし、この世界にワラしかなかったら・・・
「つくってみようみよう自分の家」


子供 WS
とういうワークショップを、日本建築学会子ども教育支援建築会議が、2018年2月18日、東京・田町の建築会館イベント広場とギャラリーを会場に開催した。
この時の様子を記録した写真と作品が2月24日(土曜)15時まで、建築会館ギャラリーに展示されている。
作品
これは日本建築学会子ども教育事業部会(部会長・仲綾子東洋大准教授)が取り組む「親と子の都市と建築講座」の一環として企画(されたもので、小学生と保護者約80名が参加した。
写真
 ワークショップには、サポーターとして武蔵野大、日大、共立女子大、東洋大、早大、千葉大の6大学で建築を学ぶ52人の学生が加わり、まずロープワークを学んだ。 さらに自分の背丈を基準にした「分身物差し」を使って竹で骨組みをつくり、ワラを積み、それぞれ「自分の家」づくりに取り組んだ。その様子も写真展示されている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!