FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
JADAが:「建築ドローン災害対応検討WG」を設置
一社・日本建築ドローン協会が「建築ドローン災害対応検討WG」を設置
主査は協会副会長の楠浩一の氏(東京大学)

楠浩一氏 
楠浩一主査

一社・日本建築ドローン協会(本橋健司会長)は、1月10日、技能講習会を通して災害対応技術の普及を図ることを目的に、建築ドローン災害対応検討WGを設置したことを明らかにした。。 
今後、建築ドローン人材育成検討WGと連携しドローンを用いた災害調査の可能性や、具体的な活用案、ドローンに求められる新たな機能といった基礎的な情報を整理する。併せて現在のドローンの機能や性能、ドローンを取り巻く法規制関連情報の入手を行う。主査は副会長の楠浩一東京大学准教授。

具体的な活動計画は次の通り。
 ・ドローンに関する各種既定の情報を収集する。
 ・地震、台風、火災などの災害を対象として、ドローンの利活用が機体される項目を検討する。
 ・建築ドローン災害対応テキストを作成する。
 ・建築ドローン技能講習会の内容を検討する。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて