(旧 「防水屋台村」建設中)
ジブリ建築展
日本一ノッポのオフィスビルでジブリの建築を見る。

ようこそ湯屋へP1040544
ようこそ油屋(あぶらや)へ。ここは神さんが入らはる お風呂屋さんでっせ。

「ジブリの立体建造物展」大阪・あべのハルカス美術館に、油屋やラピュタ城などが集結した。2018年2月5日(月)まで、大阪・あべのハルカス美術館で開催。

「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」、「天空の城ラピュタ」などジブリ作品に登場する建造物にスポットライトを当てた展覧会。
代表的な建造物を立体で表現し作品に登場する建造物の背景画やボード、美術設定といった制作資料450点を公開。映画に登場する建造物は現実の世界を深く観察した上で登場人物の生活、時代等の想定、検証を経てデザインされたもの。「部分を見れば全体が見える」をテーマに全国でj開催され。大阪での展示は、もう2月5日までだ。


yoko448ジブリ建築
「ジブリの立体建造物展」~部分を見れば全体が見える
期間:2017年12月2日(土)~2018年2月5日(月)
会場:あべのハルカス美術館
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋 1-1-43 あべのハルカス 16階
開館時間:火~金 10:00~20:00、月・土・日・祝 10:00~18:00
図録 藤森照信監修の図録がお勧め
並ぶ時間のない人には、藤森照信監修の図録だけでも入手することをお勧めしたい。

藤森氏は後書きで、「建築で大事なのは平面と構造とディテールで、よき建築といわれるものは、その3つがしっかりしている。僕はそこに触覚的な「材感」を加えているんですが、宮崎さんも触覚的なものをとても大切にしている。建築がリアルによきものとして成立するのに必要なものとして同じものを、絵の世界でちゃんとやるとリアリティがでるということなんでしょうね」と述べている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて