FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
建設業の人材確保・育成に向けた、平成 30 年度予算概算要求
国土交通省・厚生労働省は建設業の人材確保・育成に向けた、平成 30 年度予算概算要求の概要を公表した。

銀座のハザカケ米DSC00108
恒例銀座のハザカケ米。 (写真は記事とは関係がありません)

国土交通省及び厚生労働省は、建設業の人材確保・育成に多角的に取り組むため、 平成 30 年度予算の概算要求を行い、平成29年9月1日その概要を発表した。建設業の技能労働者の約3分の1は 55 歳以上となっており、他産業と比べて高齢 化が進行している。この中、建設業が持続的な成長を果たしていくためには、 特に若者や女性の建設業への入職や定着の促進などに重点を置きつつ、働き方改革を 着実に実行し、魅力ある職場を整備することによって、中長期的に人材確保・育成を進めていくことが重要な課題である。 国土交通省と厚生労働省は、引き続き、連携して建設業の人 材の確保・育成に取り組んでゆくとして、「建設業の人材確保・育成に向けて(平成 30 年度予算概算要求の概要)」3つの重点事項で国土交通省と厚生労働省の以下の予算をとりまとめた。

①「人材確保」 建設業への入職や定着を促すため、建設業の魅力の向上やきめ細かな取組を実施 ・専門工事企業等に関する評価制度の構築に向けた検討 : 50 百万円 ・建設事業主等に対する助成金による支援 : 53 億円 等
② 「人材育成」 若年技能労働者等を育成するための環境整備 ・地域建設産業における多能工化・協業化の推進: 98 百万円 ・中小建設事業主等への支援(建設労働者緊急育成支援事業等): 9.2 億円 等
③ 「魅力ある職場づくり」 技能労働者の処遇を改善し、安心して働けるための環境整備 ・建設産業の働き方改革の
推進: 2 億円 ・時間外労働等改善助成金(仮称)による支援 : 17 億円 等
「建設業の人材確保・育成に向けて(平成 30 年度予算概算要求の概要)」の一部を示す。 sarani80スクリーンショット (2)

詳細は以下。
http://www.mlit.go.jp/common/001199227.pdf


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会