FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
苫の隙間から落ちた雫が私を濡らす
 ♪(/・ω・)/ ♪ 勝手に屋根文庫
お薦めします
ピーター・J・マクミランの「英語で読む百人一首」

例えば百人一首の巻頭歌。 天智天皇の雨漏りの歌をマクミランは、こう訳した。

マクミラン英訳百人一首 P2200255
文春文庫2017年4月10日発行。 780円 269頁。
1959年、アイルランド生まれの詩人、日本文学研究者。日本在住25年。2008年に小倉百人一首を初めて英訳。
彼の英訳を読んで「百人一首が初めて理解できたと話す日本人が、当時から現在まで、大勢いる」という。確かに英語で見えてくる世界がある。
DSC02225.jpg 
「秋の田の 刈穂の庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ」
In this makeshift hut
仮庵に降った雨は

gaps in the thatch let dewdrops in,
やはり、苫の隙間から漏るのである。

参考:http://www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E3%80%8C%E5%A5%A5%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%9A%E9%81%93%E3%80%8D%E7%AC%AC10%E5%9B%9E%E3%81%AF%E3%80%8C%E9%9B%A8%E6%BC%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%AD%8C%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%81%8A%E8%A9%B1%E3%81%97&word=%E9%9B%A8%E6%BC%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%AD%8C

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会