FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
6階建て実験住宅でドローンによる点検の実証実験
ドローンで外壁点検と吹付けの検証実験
建研・西武建設などの共同研究を公開

448建研公開実験 P2200389
一眼レフカメラ(ソニーα6000、35㎜/F1.8)を搭載し、建物に55㎝まで接近する大型ドローン。


国立研究開発法人建築研究所は8月22日、茨城県つくば市立原の建築研究所内の展示館と実験棟で無人航空機(ドローン)による建物点検・維持管理手法検証実験を公開した。
実験は、国立研究開発法人 建築研究所、芝浦工業大学 伊代田研究室、同 長谷川研究室、一般社団法人 日 本ツーバイフォー建築協会および西武建設株式会社による共同研究によるもの。
実証実験の対象となった建築物は、ツーバイフォー工法で建設された、高さ 17m、建築面積 39.85 m²、延べ床 面積 201.75 m²、築 1 年の6階建ての実大実験棟で、純木造による現代木造建築としては現在国内最大階数。

今回の実験は3段階で行われ、従来からの①高所作業車と使って目視や打診検査、②地上からの写真撮影による点検の後、新たに③ドローンによる写真撮影による点検を順次行い比較するというもの。
屋根部分など下からは死角となる部分も点検できるほか、使用するカメラの画素数が上がれば点検精度も向上する。


448ドローンスプレー P2200407
壁に向かって塗料を噴射するドローン。 ここでは水を使用。通常のドローンは約400万円。この日使用したドローンは、バッテリーを外し有線給電方式にして、吹き付け塗料用の2Lタンクを装着、外に向けてノズルが伸びている西部建設による特別仕様。

448色とひび割れの識別 P2200425
築年半であり、壁面にひび割れや変色は無いため。各階の窓に、ひび割れに相当する線と色によるこのようなチャートが貼られている。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会