(旧 「防水屋台村」建設中)
平成30年 近江神宮燃水祭
7月5日は近江神宮燃水祭
日本書紀の記述より1350年の節目に「燃える土」奉献

カエル448 PG9P6706

「先人の苦労に感謝」というなら、業界の起源、始まりに関する記録に対しても、しかるべき敬意を払ってはいかがだろう。
近代防水の起源は1905年だが、人類と防水との記録という点では、西洋では旧約聖書、日本では日本書紀にその起源を求めることができる。

今年の燃水祭は、日本書紀に書かれた、燃土燃水献上の年である西暦668年から数えて1350年という慶節にあたる。これを機に、本年は防水業界から、燃える土(アスファルト)を奉献する。燃水祭で初めて、日本書紀に書かれた通り、燃土と燃水の両方を奉献することになる。燃える土の関係者が、初めて参列したのが平成23年で、小冊子「近江神宮燃水祭」の巻末資料によると、燃水祭が初めて斎行されたの昭和48年、現在の形になったのが平成元年である。いつかは「燃える土も奉献したい」というのが防水業界の願いであった。

燃水祭史上初めてとなる「燃える土」奉献は、滋賀県防水工事業協会会長の杉本憲央氏(㈱メイコウ会長)が行うことになっている。今年も防水業界から約20名の参列が予定されている。

700H30年燃水祭案内 

7月2日は黒川燃水祭
7月5日は近江神宮燃水祭
(7月7日が土日に当たるときは、7月5日になります)

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。