FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
第17回通常総会 匠リ協
賢い消費者と優れた技術者の育成が使命
NPO匠リニューアル技術支援協会

匠 17回総会 毛塚P4300404
総会で挨拶する毛塚宏代表理事。「マンション住民及び管理組合の大切な財産であるマンションを良好な状態に保ち、保全・維持のための技術者の地位向上・育成を目的に、設計コンサルタントの業務評価を行える技術系中立機関として、マンションの劣悪なリニューアル工事から消費者を守って行こう」。


NPO匠リニュアル技術支援協会は、平成29年6月14日、東京都の練馬区役所交流会場で、第17回通常総会と記念講演会を開催した。
同協会は、「賢い消費者(管理組合)および優れた技術者の育成、さらに両社のパートナーシップの醸成をによって効果的な事業展開を図ることを目的に、2007年、各分野のエキスパートが集まり設立された。現在は、昨年度の設立15周年事業の際に緊急提言した「建物長寿命化を目指した設計及び施工品質の向上」に向けて、事業を展開している。

また本年4月、日本建築学会の防水工事運営委員会に新たに設置された大規模修繕のあり方WGに参加し、これまでになかった消費者目線での大規模修繕工事のありかたを探る。初年度は、施工者の意識が品質に与える影響を検証してゆく予定。

当日は新年度事業計画として、①建物の保守・保全に関する助言・支援事業:東京都、埼玉県、加奈がエア県への講師派遣,②管理組合などへのアドバイス事業、③消費者の地域ネットワーク化、④教育事業として、匠塾、プライベートライセンス…などを決定した。



石原講師P4300396
総会前の特別講演で、「ウレタン塗膜防水層の適切な膜厚確保のための最近の研究」について報告する千葉工業大学石原沙織准教授。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会