(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY349 「茅」ってなんだ? 苫を編み苫を葺く
茅という植物を見たことがありますか?
日本茅葺文化協会のフリップです。
「茅」ってなんだ?DSC09635
「茅」 かや とは、屋根を葺くための草の総称です。

ススキ、ヨシ、稲わら、麦わら、笹  など
これらの植物を「茅」 と呼び、これらで葺かれた民家を、かやぶき民家と呼んでいます。

DSC09671.jpg
2017R&R建築再生展、「JWHA日本防水の歴史研究会」 ブースにて。

「編むDSC09624

DSC0苫を編む9621

「苫を葺くDSC09764

神戸の茅葺職人の塩澤実さん(茅葺屋代表)によると、
「苫」とはワラやスゲなどの草を、元末を揃えて編んだものです。元の方を棟側にして、軒から棟へと重ねながら屋根の上に広げると、逆葺きの茅葺き屋根ができあがります。ちなみに元末を交互に草を編んだものは「筵(むしろ)」や「簾(す)」。とのこと。
さらに「あらかじめ編んでおいたものを巻いて束ねておけば、これをさっと広げて仮止めするだけで雨露が凌げる優れものです。耐久性はありませんが、手軽に雨養生するにはうってつけな葺き方です。」とも。さすが屋根屋。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会