FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
異人井戸の小屋屋根は笹葺き
新潟県黒川油田

シンクルトン (2)
「竪穴井戸の小屋は、丸太組に笹で屋根を葺き、屋根と地面の間から明かりをとっていた」.との記録がある(が、この模型そのものは笹葺きではない)。


シンクルトン (1)

明治6年(1873)、英国人医師シンクルトンが新潟県黒川村塩谷村を訪れた。従来の水平堀りに代わって竪穴井戸掘りを指導した。

坑壁に井桁野枠が組み込まれ、黒川油田は近代化された。これらの井戸は異人井戸と呼ばれ、毎年7月1日黒川燃水祭が斎行される黒川石油公園内の油坪やシンクルトン記念館の裏山に今も多く残っている


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会