FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「黒川紀章と水コンペ」こぼれ話
「黒川紀章と水コンペ」こぼれ話
「JWHA日本防水の歴史研究会」ブースで知られざる資料展示

200黒川委員長選考中 立


 黒川紀章設計の「中銀カプセルタワービル」に対する若者やアーティストの関心が、高まっている。カプセル内での展示やアートイベントが活発だ。これに伴い、カプセルタワービルの保存・再生運動も本格化してきた。テレビ、雑誌、新聞の報道も目に付く。その理由としてはメタボリズムの実用建築としての意義や、ユニークな形状に加えて、黒川思想の再評価という側面もあるようだ。
200選考中 座

 黒川紀章の評伝は相変わらず人気があり、近年では2015年4月に草思社より発刊された曲沼美恵著「メディアモンスター・誰が黒川紀章を殺したか」(ブースで販売予定)が注目される。同書538頁には、水コンペの審査委員長当時の黒川と気鋭の建築家・隈研吾との確執も描かれている。
200黒川選定一人



 その舞台となった日新工業・水コンペで黒川は審査委員を16年間、うち2年は委員長を務めた。今回、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト、銀座たてもの展実行委員会の要望を受け、水コンペ43年の歴史から、黒川紀章が審査委員長だった時期の審査の様子などを展示する。
600水コンペ 選考委員とテーマ


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会