FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
mamemoranndamukana
「 《別府マンション事件》 その後」
「別府マンション事件」の最高裁差戻し判決は平成23年7月21日だった。もうすぐ6年だ。「外壁の剥落する恐れのある瑕疵は、建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵であり、設計・監理者、施工者等に損害賠償責任がある」、と解される衝撃的なものであった。この建物の安全性に関する画期的な判決は、その後、建築の損害賠償請求に関わる紛争にどのような影響を及ぼしたのか。奈良利男氏による記事を準備中。