FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
大阪LIXILギャラリーで「南極建築 1957-2016」展
大阪LIXILギャラリーで「南極建築 1957-2016」展
──────────────────────────────────────
2016年12月9日(金)~2017年2月21日(火) 水曜休館
【会 場】LIXILギャラリー 大阪会場
鶴川絵日記琉球菊つつまれてPB110051


日本のプレファブ建築は南極で始まったといわれる。 極寒の地、南極では、厳しい環境に耐えうる建築物がつくられてきた。1957年の第一次観測隊のから2016年まで、昭和基地を軸にした南極建築の変遷を、中核機関である国立極地研究所の アーカイブから写真、映像、実資料など約90点を展示。

「元越冬隊長が語る、南極の暮らし」で講演も
2017年1月28日(土)14:00~15:30
 講 師:石沢賢二(国立極地研究所極地工学研究グループ技術職員)
同氏は国立極地研究所の設営部門のリーダーとして、また隊長として、これまで7回の南極観測隊に参加。

詳細・予約は http://ax86.asp.cuenote.jp/c/bfxEaa7dv6aD3zak  へ。

昭和基地の建物の防水の関しては、2005年に(一社)全国防水工事業協会が発行した「日本の防水」に社・公共建築協会・梧原幸八郎氏(当時)が「南極昭和基地の建築の防水」を寄稿している。
これによると、南極での建築防水は、春から夏にわたっての太陽による融雪水が対象になる。プレハブ建築の接合部はクロロプレンゴムのガスケットと、シーリング材。はじめ極地用に試作した油性コーキング材の「エバーシール」から、1969年の第10次隊から油性コーキングに加えて、シリコーンシーリング材も併用された。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会