FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「大好きな建物を守る」ために個人でできる事。

「漏水を止めてカプセルタワーを保存する」という夢



中銀カプセルタワー

「どうしてもやりたいこと」があるのだが資金がない。人手も足りない。 また、やってみたいが一人では不安。
そんな時、「クラウドファンディング」という方法がある。
クラウドファンディングとは、インターネット上でアイデアを提案し、その案に共感し「実現させたい、応援したい」と思う人から広く資金を集める仕組みだ。独りで始めることも可能だし、クラウドファンディングを取りまとめる組織に、面倒な部分を一部ゆだねることも可能だ。

下の記事は、朝日新聞が運営するクラウドファンディングサイト・A-port(エーポート)に中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト代表の前田達之さんが、起案したことを報じた9月18日の朝日新聞の記事の一部だ。この日は、①犬猫の不妊手術無料の動物病院を作る,②ダム予定地の里の様子を映画で配信し里山を守る、③テノールとカウンターテナーを使い分ける異色の歌手の独自オペラの上演、そして前田さんの④カプセルタワーを舞台にした写真集カプセルガール」の制作、が紹介されている。

朝日記事、カプセル前田クラウド
それぞれ支援者には支援額に応じて各種の特典がある。カプセルの場合、例えば3千円で完成した写真集とポストカード、5万円でカプセル半日利用権というものがある。

プロジェクトの正式名称は
ートの力で中銀カプセルタワービルを未来へ!写真集「中銀カプセルガール」の出版
「銀座のはずれに建つ中銀カプセルタワービル。黒川紀章が設計したメタボリズム建築の代表作です。2007年に建替えが決定しましたが、その後保存・再生の動きが高まり、現在では様々な保存活動が展開されています。その一環として写真展「中銀カプセルガール」(撮影:Kazan Yamamoto)が開催されます。今回はその写真展作品の出版プロジェクトです。(前田さん)」
 詳細は以下で
https://a-port.asahi.com/projects/nakagin/
カプセルタワーに見せられ、いくつもの部屋を所有する前田さんが、どのくらい好きかというと、

防水工事前P4210148
カプセルのこんな屋根を

防水工事後 P6220056
自分でウレタン防水施工してしまうくらいである。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会