FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
省エネ改修工事に最大5千万円の補助金 

「 既存建築物省エネ化推進事業」の提案募集.
国交省が平成28年度分(第2回)9月5日から受け付け


hakatakuukou.jpg
写真は記事とは関係がありません

国交省は9月5日、建物全体で15%以上のエネルギー削減効果が見込まれる改修工事を実施する場合、最大5000万円の支援を行うことを発表した。申請受け付けは10月6日まで。
これは建築物ストックの省エネルギー改修等を促進するため、民間事業者等が行う省エネ改修工事・バリアフリー改修工事に 対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援することにより、既存建築物ストックの省エネ化の推進及び関連投資の 活性化を図るというもの。 締め切り後、11月中・下旬を目処に採択事業者を決定する。

主な事業要件
 [1]躯体(外皮)の省エネ改修を行うものであること。
 [2]建物全体で15%以上のエネルギー削減効果が見込まれる改修工事を実施するものであること。
 [3]改修後に一定の省エネルギー性能に関する基準を満たすこと。
 [4]改修後の建築物の省エネルギー性能を表示すること。
 [5]省エネルギー改修工事とバリアフリー改修工事に係る事業費の合計が500万円以上であること。
 [6]平成28年度中に着手するものであること。

 補助対象費用
 [1]省エネ改修工事に要する費用
 [2]エネルギー使用量の計測等に要する費用
 [3]バリアフリー改修工事に要する費用(省エネ改修工事と併せて行う場合に限る)
 [4]省エネルギー性能の表示に要する費用

 補助率・補助限度額
 補助率  :1/3(上記の改修を行う建築主等に対して、国が費用の1/3を支援)
 補助限度額:5,000万円/件(設備改修に係る補助限度額は2,500万円まで)     ※バリアフリー改修を行う場合は、当該改修に係る補助額として2,500万円を限度に加算。(ただし、バリアフリー改修に係る補助額は省エネ改修に係る補助額以下)

 応募期間
 平成28年9月5日(月) ~ 平成28年10月6日(木) ※消印有効

 問合せ先

既存建築物省エネ化推進事業評価事務局
メール:kaishu@hyoka-jimu.jp HP:http://hyoka-jimu.jp/kaishu/
電話:03-3222-8055 FAX:03-3222-7722


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会