FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
建物の長寿命化改修  防水に何ができるか?
北九州では2度目の講習会
官庁、設計事務所など23名が参加。

KBC 北九州で2度目の講習会

総合防水メーカー・田島ルーフィングと九州防水改修工事協同組合は8月23日北九州市小倉区のAIMビル71会議室で、官公庁・設計事務所を対象に「防水セミナー北九州2016」を開催した。

講義に先立ち 田島ルーフィング福岡営業所長の利根山康夫所長(写真)は「長寿命化改修が、今や改修工事の需要が高まっている。長寿命化改修には①建物の耐久性を高める、②建物の機能・性能を現在求められる水準まで高める、の2つの方向がある。防水工事が主に貢献できるのは①である。今日は現在多用されている防水の3工法によって、それぞれどのように建物の耐久性向上を実現できるか、また特殊部位の防水改修例、床材選定と事例紹介などを紹介したい」と挨拶した。

北九州地区の官公庁関係者、設計者を対象とした今回の防水改修セミナーに、25名が参加、2時から4時半まで、詳細な資料を見ながら最新の防水改修情報を聞いた。

内容: 
○防水改修による建物の長寿命化と現場実例
○特殊部位の防水改修「こんな時どうする」
○長寿命化改修における床材選定と事例紹介


長寿命化改修とは?
利根山所長に聞きました。

老朽化した建物について、物理的不具合を直し建物の耐久性を高める事に加え、建物の機能や性能を求められている水準まで引き上げる事

と定義されています。
toneyamasann

公立の小・中学校は、非木造施設のストック量、約1億6千万㎡のうち、築25年以上で改修を要する施設が約7割もあると言われています。また学校施設建築のピークは昭和50年代中頃であり、老朽施設の対策のために多額の費用かかると見込まれています。文部科学省では今後の老朽化対策として、「長寿命化改修の積極的な採用」と提言しています。
その詳細を今日はお知らせしたかったのです。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会